生命保険、損害保険のメンテナンス手続きって何があるの?

(最終更新日:2019年12月18日)

保険は契約して終わりではなく、契約してからがスタートになります。
保険金・給付金を受け取るまでに様々なメンテナンスが必要になることがあります。
保険のメンテナンス手続きを行うタイミングと内容をみていきましょう。

保険の主なメンテナンス手続き(生命保険の場合)

メンテナンスのタイミング手続き詳細
申し込みを取り消したいときクーリングオフ契約申込の取り消しをします
契約内容を変更したいとき住所変更住所を変更します
契約者変更契約者を変更します
受取人変更受取人を変更します
指定代理請求人変更指定代理請求人を変更します
改姓姓の変更をします
引き落とし口座の変更保険料引き落とし口座の変更をします
更新保障を継続します
変換保険種類を変換します
証券を紛失したとき証券再発行保険証券を再発行します
保険料の支払いが困難になったとき払い込み猶予と失効一定期間の払い込みの猶予があります
復活失効した保険を復活します
自動振替貸付解約返戻金の範囲内で、保険会社が保険料を立て替え払いします
払い済み保険料の払込を中止して、保険金額を新たに定めた生命保険に変更します
延長保険保険料の払込を中止して、保険期間を一定期間とする定期保険に変更します
減額主契約や特約の保険金・給付金等を減額することにより、保険料を少なくします
解約契約を解約します
お金が必要になったとき契約者貸付解約返戻金等の所定の範囲内で貸付を受けます。

 

 

保険の主なメンテナンス手続き(自動車保険の場合)

下記のような、自動車保険特有の手続きもあります。

メンテナンスのタイミング手続き詳細
車を買い換えたとき車両入替補償対象の自動車を変更します
車を手放したとき中断契約を一時的に中断し、新たな契約時に現在の等級などを引き継げるようにします

 

記事カテゴリ一覧

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。