保険契約の変換とは?保障内容を変更することができる?

(最終更新日:2019年12月18日)

加入している保険の保障を変えたいときや、新規の加入が難しいときには、変換できる場合があるのをご存知でしょうか。
変換はどんな時にすればいいのか、手続きの方法を合わせてみていきましょう。

保険契約の変換が必要なとき

ライフステージが変わって、加入中の保険とは違う保障を備えたい(定期型の保険に入っているが、終身型の保障を備えたい)ときや、 健康状態により新規の保険加入が難しいときなどがあります。
そんな時、保険会社、保険種類によっては、保険会社所定の要件を満たせば、被保険者の健康状態にかかわらず主契約・特約の保険金額の全部または一部を所定の保険種類に変換できます。

 

 

保険契約の変換手続きの方法

基本的に郵送による書類の手続きが必要になります。
保険会社、保険種類によって変換手続きが可能か、手続き方法、必要書類が異なる場合がありますので、 まずは保険契約をした窓口、または保険会社へ連絡しましょう。

 

 

保険料について

変換後の保険契約の保険料は、変換時の保険料率・被保険者の年齢で計算します。

記事カテゴリ一覧

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。