変換

保険加入後の手続き

変換

(最終更新日:2017年11月07日)

加入している保険の保障を変えたいときや、新規の加入が難しいときには、変換できる場合があるのをご存知でしょうか。
変換はどんな時にすればいいのか、手続きの方法を合わせてみていきましょう。

変換が必要なとき

ライフステージが変わって、加入中の保険とは違う保障を備えたい(定期型の保険に入っているが、終身型の保障を備えたい)ときや、 健康状態により新規の保険加入が難しいときなどがあります。
そんな時、保険会社、保険種類によっては、保険会社所定の要件を満たせば、
被保険者の健康状態にかかわらず主契約・特約の保険金額の全部または一部を所定の保険種類に変換できます。

手続きの方法

基本的に郵送による書類の手続きが必要になります。
保険会社、保険種類によって変換手続きが可能か、手続き方法、必要書類が異なる場合がありますので、 まずは保険契約をした窓口、または保険会社へ連絡しましょう。

保険料について

変換後の保険契約の保険料は、変換時の保険料率・被保険者の年齢で計算します。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です