延長保険手続きで、保険料の払い込みを中止して保障を継続できる?

保険加入後の手続き

延長保険手続きで、保険料の払い込みを中止して保障を継続できる?

(最終更新日:2019年06月21日)

保険料の支払いが困難になったとき、保険料の払い込みを中止して保障を継続する方法として延長保険があります。
延長保険とはどのようなことか、手続きの方法をみていきましょう。

延長保険とは

延長保険とは、以後の保険料の払込みを中止して、その時点の解約返戻金をもとに、元の保険の保険金は変えず、死亡保障だけの定期保険に変更する手続きで、下記の特徴があります。

・保険金額はそのままで、保険期間が短くなります。
・付加していた特約は消滅します

保険期間は短くなってしまいますが、失効することなく、また保険料の払い込みをすることなく、保障を継続することができます。

延長保険のイメージ

延長保険

 ※延長保険ができる保険は保険会社によって異なります。

 

 

手続きの方法

所定の書類の手続きが必要になります。
保障内容が変わることですので、早めに保険契約をした窓口、または保険会社へ相談しましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です