保険契約の解約手続きとは?

(最終更新日:2019年12月18日)

保険契約が必要なくなった時、契約を自分で消滅させることができます。
解約とはどのようなことか、解約する際の注意点や手続きの方法についてみていきましょう。

解約とは

契約者ご自身の意思で保険契約を消滅させることです。解約によって以降の保障はなくなります。

 

 

解約の注意点

解約には以下のような注意点があります。

・一度解約した保険は元に戻すことができません。

・解約返戻金は多くの場合、払い込んだ保険料合計金額よりも少ない額になります。

・新たに保険を契約する場合、前の契約時に比べ年齢が上がることにより保険料が高くなったり、健康状態によっては加入できないことがあります。

 

 

手続きの方法

所定の書類の手続きが必要になります。保険契約をした窓口、または保険会社へ連絡しましょう。
保障が一時期でもなくなることは、大きな不安要因となりますので、解約にあたっては十分な検討をしましょう。
また、解約に際しては、過去の入院などについて給付金等の請求漏れがないか確認しましょう。

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧