保険契約の契約者は変更できる?

保険加入後の手続き

保険契約の契約者は変更できる?

保険契約の契約者は、その時の状況にあった契約者に変更をすることが大切です。
ここでは、契約者変更が必要になる時、手続きの方法を紹介します。

保険の契約者変更が必要なとき

子どもの独立などのライフイベントがあった場合には、そのときのご家族構成などに合わせて最もふさわしいひとを契約者にすることが大切です。

また、契約者が亡くなってしまった場合にも、契約者の変更が必要になります。

 

 

手続きの方法

基本的に郵送による書類の手続きが必要になります。
保険会社によって手続き方法、必要書類が異なる場合がありますので、まずは保険契約をした窓口、または保険会社へ連絡しましょう。

 

 

税金のことも考慮しましょう

契約者・被保険者・受取人の関係によって保険金受取時に適用される税金が異なります。
変更する場合は、税金も含めて総合的なコンサルティングを受けてから変更するとよいでしょう。
(参考ページ:保険金と税金

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

セミナー実績:毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナー など多数

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です