定期保険の更新手続きとは?

保険加入後の手続き

定期保険の更新手続きとは?

(最終更新日:2019年06月21日)

基本的に、定期型の保険は更新があります。
保険契約で更新が必要なときはどのような時か、手続きの方法はどうすればいいのかみていきましょう。

保険の更新が必要なとき

定期型の保険に入っていて、保障を継続したいときや、健康状態により新規の保険加入が難しいときなどがあります。
そんな時、保険会社、保険種類によっては、保険契約の保険期間が満了するとき、保険会社所定の要件を満たせば、 被保険者の健康状態にかかわらず保険契約を更新し、保障を継続することができます。

 

 

保険の更新手続きの方法

事前に保険会社より連絡があり、特段の手続きを取らなくても自動更新とする保険会社が多いです。
更新が可能か、詳細の手続きの条件などは保険会社によって異なりますので確認しましょう。
また、分からないことがある場合、保険契約をした窓口、または保険会社へ連絡しましょう。

 

 

保険の更新ができないとき

このようなときは更新ができない場合があります。

・被保険者の年齢が一定以上の場合(80歳など、保険会社によって更新できる年齢の上限があります)
・更新時に保険会社が更新前の保険種類を取り扱っていない場合

 

 

保険料は上がる

更新後の保険料は更新時の保険料率・被保険者の年齢で計算しますので、通常、更新前よりも高くなります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です