医療保険を選ぶときのチェックすべきポイントとは?

医療保険の選び方

医療保険を選ぶときのチェックすべきポイントとは?

(最終更新日:2019年09月12日)

医療保険を選ぶときはどういったチェックポイントがあるのでしょうか。

医療保険を選ぶときのチェックポイント

①保障期間はいつまでがいい?

保障期間は1年・5年・10年等の定期型と、一生涯保障が続く終身型があります。
基本的に月々支払う保険料は、同年齢であれば定期タイプの方が安くなります。
しかし、終身型の保険料は加入時から一生涯同じであるのに対して、定期型は、満期を迎え
更新する時、更新時の年齢で保険料を計算しますので、更新の度に保険料が高くなります。

②保障金額をいくらにする?

医療保険の基本の保障は、「入院日数×入院給付金日額」と「手術給付金」となっています。
入院日額は5千円から2万円まで、千円単位で設定が可能です。
一方、手術給付金は基本的に手術の種類に応じて入院給付金日額の〇〇倍といった保障になります。
プロに相談して、入院や治療にかかる費用を教えてもらい、入院給付金日額を設定するとよいでしょう。
(参考ページ:医療保険の入院日額給付金、いくらあればいい?

③オプションは何を選ぶ?

医療保険には、基本契約の他に特約を付加することができます。
特約の目的は、入院や手術以外の治療費を補うことですが、ポピュラーなものでは、
先進医療特約・ガン特約・通院特約などがあります。
最近では、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳梗塞)のどれかに診断された時に一時金が受け取れるものや、 その後の保険料の支払いが免除になる特約も出てきています。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です