火災保険と地震保険の違い

地震保険

火災保険と地震保険の違い

(最終更新日:2019年02月22日)

火災保険と地震保険は別物

火災保険と地震保険の比較

火災保険 地震保険
運営主体 各損害保険会社 政府と損害保険会社が共同で運営
対象物件 住宅、事務所、店舗、工場、倉庫等 住宅物件のみ
商品内容・保険料 保険会社によって異なる 全保険会社共通
対象となる事故 火災、落雷、破裂・爆発、風災、水災、雪災、雹災、外部からの落下・飛来、盗難など 地震・噴火またはこれらによる津波
保険金額 建物または家財の評価額をもとに設定 火災保険の保険金額の30%~50%で任意に設定
保険金の支払い 保険金額を限度に実際の損害額が支払われる 損害区分に応じて保険金額の3%~100%の保険金が支払われる

 

地震により発生した火災は、火災保険では補償されない

火災保険と地震保険の違いを考えるうえで最も重要なポイントは、地震・噴火・津波により発生した火災による被害は、火災保険では補償されないという点です。

1995年の阪神・淡路大震災のときは、地震による火災が被害を大きくしました。
当時、地震保険の加入率は大阪府で12.1%、兵庫県で8.4%。
地震保険がセットされていない火災保険に加入していた多くの人は、住居が地震により発生した火災で焼けてしまっても、ほとんど保険金を受け取ることができませんでした。

地震・噴火・津波による火災に備えるためには、地震保険が必要ということを覚えておきましょう。

 

地震保険単独では加入できない

また、地震保険は必ず火災保険とセットで加入する必要があります。
保険金額は、セットで加入する火災保険の保険金額の30~50%の範囲内で設定することとなっています。

 

 

WEBで火災保険の一括見積もり

最近ではWEBサイト上で複数の保険会社の見積もりを一括で取得できるサービスがあります。

WEBサイト上で物件情報等を入力すると、あなたの条件に合った複数社の火災保険の見積書を無料で作成し郵送またはメールで送付してくれるサービスです。

 

保険相談サロンFLPでもWEBでの一括見積もりサービスを提供しています。

最大7社から見積もりを取得することができ、必要に応じて店舗での相談も可能です。

 

保険相談サロンFLP 火災保険一括見積もりサービスはこちら

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です