火災保険とは?対象となる災害は?地震でも補償される?

(最終更新日:2020年03月31日)

火災保険の対象

火災保険の対象となるものは下記の通りです。

住宅物件の場合:建物、家財

事業用物件の場合:建物、家財、什器、備品、商品

 

 

 

火災保険で補償されるのは火災だけではない

火災保険では、火災以外にも様々な災害に対して補償されます。

 

火災保険で補償される災害

災害 事故の例(建物への被害)
火災 火災により家が全焼してしまった
落雷 落雷の影響で玄関の電気錠の操作パネルが動かなくなってしまった
破裂、爆発 ガス漏れにより破裂・爆発が発生、家屋が損傷した
風災 台風による強風のため屋根瓦が壊れてしまった
雪災 大雪でカーポートの屋根が破損した
雹(ひょう)災 雹で窓ガラスが割れた
水濡れ 水道管の破損によって天井や壁紙が汚れてしまった
外部からの物の落下、飛来 自動車が運転を誤って敷地内に突っ込み、家屋の外壁を壊してしまった
騒擾(そうじょう) 労働争議等に伴う暴力行為があり建物が損害を受けた
盗難 空き巣が侵入し、窓ガラスやドアが壊されてしまった
水災 洪水によって床上浸水し、壁や床が汚れてしまった
破損、汚損 ソファーを移動していたら、ドアにぶつけて破損してしまった

※契約によって補償範囲が異なります。

 

近年、集中豪雨、巨大台風、竜巻、大規模な土砂災害、大雪などの被害が年々増加しています。

補償範囲が広くなるほど保険料は高くなりますが、住まいの環境や取り巻くリスクを考慮して必要な補償を選択しましょう。

 

 

 

地震による損害を補償したい場合は地震保険に加入が必要

火災保険だけでは、地震による損害を補償できません。

地震による損害を補償したい場合は、地震保険への加入が必要です。

地震保険は単独での加入はできず、必ず火災保険とセットでの契約になります。

 

 

 

保険相談サロンFLPの火災保険無料見積もりサービス

保険相談サロンFLPでは、2つの火災保険無料見積もりサービスを行っております。

どちらのサービスも、「加入するかどうか」はお客様の自由ですので、情報収集としてお気軽にご利用いただけます。

 

①店舗で無料見積もり相談

保険相談サロンFLPの店舗で複数保険会社の火災保険をお見積りすることが可能です。

火災保険加入中の方は、保険証券をお持ちいただくと、スタッフが現状のプランと新しいプランを比較しながら補償内容等の解説をいたします。

 

②WEB/郵送での一括無料見積もり

WEB上で見積もり依頼をし、郵送等で見積もりを受け取ることができる、「火災保険一括見積もりサービス」も受け付けております。

 

火災一括見積もりサービス

 

 

保険相談サロンFLPの住宅ローン相談サービス

火災保険の検討と一緒に忘れずにしておきたいのが住宅ローンが最適かどうかの確認です。

近年の低金利影響で、借り換えメリットが出る方が多くいらっしゃいます。

保険相談サロンFLPでは、モゲチェック(株式会社MFS)との提携により、住宅ローン相談サービスを提供しています。

住宅ローン相談サービス

まとめると

・火災保険とは、建物や家財が損害を被った場合に補償される保険です。
・火災だけでなく、風災、水災、雪災など、様々な損害に対し補償されます。

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧