火災保険の基本補償(火災・落雷・破裂・爆発)

火災保険の基本

火災保険の基本補償(火災・落雷・破裂・爆発)

(最終更新日:2017年10月12日)

火災保険は様々な補償がセットになった商品

火災保険は、複数の補償がセットになった商品です。
火災、落雷、風災、水災、雪災、地震や個人賠償責任保険などが組み合わされたものがひとつのセットとして販売されています。
ただ、どのようなシンプルな火災保険であっても、必ずついてくる補償が「火災・落雷・破裂・爆発」の補償です。
火災は読んで字の通りなので、どのような災害なのかの説明は割愛しますが、落雷・破裂・爆発について説明していきましょう。

 

落雷とは?

落雷とは、雷により建物や家財が被害を受けることをいい、例えば下記のような場合をいいます。
•雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が吹き飛び、屋根に穴があいてしまった
•庭に落ちた雷から飛び火して、自宅が燃えてしまった
•分配器に雷が落ち、自宅のテレビ2台、ビデオデッキ1台、電話機1台が壊れてしまった

 

破裂・爆発とは?

破裂・爆発とは、「気体または蒸気の急激な膨張を伴う破裂またはその現象による衝撃、破損の損害」をいい、例えば下記のような場合をいいます。
•調理中にカセットコンロのボンベが爆発し、台所の壁が破損した
•消火器が爆発し、冷蔵庫の扉が破損した
•ガス漏れに気づかず点火したところガスに引火し爆発した
•スプレー缶が破裂し電化製品が破損した

ちなみに、水道管の凍結による破裂は「破裂・爆発」の補償には該当しません。なぜなら「気体または蒸気の急激な膨張を伴う破裂またはその現象による衝撃、破損の損害」に当てはまらないからです。
水道管の凍結による破裂を補償したい場合、「水濡れ」の補償を付帯する必要があります。

 

 

まとめると

火災保険は火災だけでなく、落雷・破裂・爆発も補償されます。それぞれの補償内容をみていきましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です