地震保険とは

地震保険

地震保険とは

(最終更新日:2017年09月14日)

地震保険の概要

「地震保険」とは、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流出による損害を補償する保険です。
火災保険同様、建物の補償と家財の補償に分かれています。
火災保険に付帯する形となるため、地震保険に加入するためには、火災保険の加入が必須となります。

 

地震が原因による火災は、火災保険では補償されない

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災については、自宅が火元であっても延焼によるものであっても火災保険では補償されません。

 

30万円を越える貴重品や自動車は対象外

地震保険の保険目的は建物および生活用動産に限られます。
店舗や事務所のみに使用される建物や、設備什器・商品、1個または1組あたり30万円を越える高額貴金属等、自動車は対象外となります(自動車については、自動車保険における車両保険の特約でカバーできるものがあります)。

 

地震保険の保険金額

地震保険の保険金額は、火災保険金額の30~50%の範囲内で設定します。なお建物は5,000万円、家財は1,000万円までが上限となります。
このように、上限金額があるのは、地震保険の目的が「被災後の生活再建」であることが理由です。地震保険は地震で受けた損害を元の状態に戻すためのものではないのです。

 

地震保険の支払金額

地震保険は保険の対象について生じた損害が「全損」「大半損」「小半損」「一部損」に該当する場合に、実際の修理費ではなく地震保険金額の一定割合が支払われます。

地震保険の損害区分と支払割合(2017年1月改定後)

損害
区分
支払
割合
認定基準
建物 家財
全損 100% 主要構造部の損害額が 建物の時価の
50%以上
焼失または流出した床面積が 建物の延床面積の
70%以上
家財の損害額が 家財全体の時価の
80%以上
大半損 60% 建物の時価の
40%以上50%未満
建物の延床面積の
50%以上70%未満
家財全体の時価の
60%以上80%未満
小半損 30% 建物の時価の
20%以上40%未満
建物の延床面積の
20%以上50%未満
家財全体の時価の
30%以上60%未満
一部損 5% 建物の時価の
3%以上20%未満
床上浸水 全損・大半損・小半損に至らない建物が、床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を受け損害が生じた場合 家財全体の時価の
10%以上30%未満

 

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です