【コロナウイルス感染症】外貨建て保険の一部販売休止・各社特別措置まとめ

2020年の保険料改定

【コロナウイルス感染症】外貨建て保険の一部販売休止・各社特別措置まとめ

外貨建て生命保険とは

外貨建て生命保険は、保険料の支払いや保険料の運用、保険金・年金・解約返戻金の受け取りを、外国の通貨(外貨)で行う保険のことをいいます。

取り扱う外貨は米ドル、豪ドルが主流です。(保険会社によって異なります)

それ以外の基本的な仕組みは一般的な円建ての生命保険と同じです。

 

外貨建て生命保険 販売休止の背景

外貨建て生命保険は、顧客から受け取った保険料を生命保険会社などが米国債などで運用します。

近年、日本銀行の金融緩和で国内の低金利が続く中、米国債の運用では高い利回りを得られるため、運用利回りの良さなどが注目され、外貨建て生命保険の加入検討をする人が増えています。

 

FRBが緊急利下げ

米連邦準備制度理事会(FRB)は2020年3月3日、政策金利を0・5%幅、緊急に利下げしました。

続いて3月15日、緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて1.0%の大幅利下げに踏み切りました。

政策金利は0~0.25%となり、2008年の金融危機以来のゼロ金利政策となります。

近年、米長期金利の指標となる10年物米国債の利回りは急落、近年1~2%で推移していましたが、初めて0%台になり、運用先としての魅力が下がっています。

 

 

各保険会社の外貨建て生命保険 販売休止に関する動向

日本生命 3/16から外貨建て生命保険の一部を販売休止

国内生命保険最大手の日本生命保険が、外貨建て保険の一部の販売を3月16日から休止することがわかった。

「コロナショック」を受けた市場の混乱で米長期金利が急低下し、顧客に魅力的な利回りを確保する運用が難しくなった。コロナショックによる外貨建て保険の販売休止は大手生保で初で、他社も追随するか注目される。

日本生命が販売を休止するのは、米ドル、豪ドル建ての外貨建て保険商品の一部。保険料を一括で支払い、「給付金」が定期的に振り込まれるタイプ。

休止は3月末までで、その後延長するかどうかは未定としている。

引用元:朝日新聞「日本生命、外貨保険の一部を販売休止へ 米長期金利急落」(2020/3/13)

 

大樹生命 3/16から外貨建て生命保険の一部を販売休止

日本生命子会社の大樹生命保険も、外貨建て保険の主力である養老保険の販売を3月16日から休止する。銀行窓口のほか、自社や日生の営業職員も取り扱っている。

引用元:日本経済新聞「外貨建て保険販売休止も 新型コロナでの市場動揺で」(2020/3/13)

 

三井住友海上プライマリー生命 4月から外貨建て生命保険の一部を販売休止

三井住友海上プライマリー生命は日本郵便とゆうちょ銀行で販売している商品のうち、一部の豪ドル建ての契約について4月から販売を止める。今後の市場動向次第では「休止の時期が早まる可能性もある」(同社)という。

引用元:日本経済新聞「外貨建て保険販売休止も 新型コロナでの市場動揺で」(2020/3/13)

 

 

新型コロナウィルスにおける保険会社各社の特別措置

アクサ生命保険

・(医療保険)新型コロナウイルス感染症の検査結果が陽性であるかどうかにかかわらず、医師の指示により医療機関に入院された場合は、お支払対象

・(生命保険)新型コロナウイルス感染症により死亡された場合は死亡保険金のご請求対象

・保険金・給付金の請求手続きについてに必要な書類を一部省略する等、簡易なお取扱いの実施

・保険料払込猶予期間の延長

・契約者貸付に対する特別金利の適用

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う対応につきまして

 

アフラック

・(医療保険)新型コロナウイルス感染症の検査により陽性と判定されたか否かに関わらず、医師の指示により医療機関に入院している場合、入院給付金の支払対象

・(医療保険)入院に伴い、通院保障期間内に通院された場合は、通院給付金の支払対象

・新型コロナウイルス感染症により死亡された場合、疾病による死亡保険金の支払対象

・現時点では新型コロナウイルス感染症は「所定の感染症」に該当しないため、災害死亡割増特約等の災害死亡保険金・災害高度障害保険金の支払対象とはならない

・契約者専用サービスで新型コロナウイルス感染症に関する相談も対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するお取り扱いについて

 

朝日生命

・新型コロナウイルス感染症は、入院給付金のお支払い対象となる疾病に該当

・検査の結果「陽性」と判定されたか否かに関わらず、医師の指示で医療機関に入院した場合は、入院給付金のお支払い対象

・医療機関の事情により、医師の指示により臨時施設(病院と同等とみなせる施設)に入所し、医師の治療を受けている場合等も、医師による入院証明書等をご提出いただくことで、入院給付金のお支払い対象

・入院給付金の手続きが難しい場合、必要な書類の一部省略や、代替書類での対応など、簡易・迅速なお取扱いを実施

・新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりの場合、疾病による死亡保険金のお支払い対象

・保険料のお払込みを猶予する期間を最長 6 ヵ月間延長

・更新手続きが困難な場合、更新の手続き期限を超える場合であっても柔軟に対応

新型コロナウイルス感染症に関する各種取扱いについて

 

オリックス生命

・新型コロナウイルス感染症で入院の場合、「疾病入院給付金」のお支払い対象

・「新型コロナウイルス感染症」でお亡くなりになった場合「死亡保険金」のお支払い対象

*現時点では、「災害死亡保険金」もしくは「災害高度障害保険金」等のお支払い対象外(災害による割増はなし)

・ご契約者さま向け「健康医療相談サービス」で「新型コロナウイルス感染症」に関するご相談
にも、24 時間年中無休で対応

「新型コロナウイルス感染症」に関する取扱いについて

 

ソニー生命

・新規契約者貸付に対する特別金利の適用(利息の減免)

令和二年新型コロナウイルス感染症により影響を受けられたお客さまに対する特別取扱について

 

マニュライフ生命

・個人保険契約の契約者や被保険者などが、新型コロナウイルスによる感染症と診断された場合、お見舞金(一時金)をお支払い

・「新型コロナウイルス感染症」の治療を目的として入院した場合「疾病入院給付金」 のお支払対象

・「新型コロナウイルス感染症」によりお亡くなりになった場合「死亡保険金」 のお支払対象

・契約の保険商品に電話健康相談サービスが付帯されている場合、新型コロナウイルス感染症に関する相談を年中無休・24時間常勤体制で対応

「新型コロナウイルス感染症」に関するお見舞金と給付金等について

 

メットライフ生命

・「健康生活サポートダイアル」で、「新型コロナウイルス感染症」に関する相談をヘルスカウンセラー(保健師・看護師等)が、24時間年中無休で対応

ご契約者さまへ 商品付帯サービス(ティーペック株式会社提供)における「新型コロナウイルス感染症」のご相談対応ついて

 

三井住友海上あいおい生命

・保険料の払込みを猶予する期間を最長6か月(2020年9月30日)まで延長

・保険金・給付金等のお支払いに際して、必要書類を一部省略する等により、簡素化

・契約者貸付の手続きについて、必要書類を一部省略する等により、簡素化

「新型コロナウイルス感染症」の拡大に伴う各種お取扱いについて

 

東京海上日動あんしん生命

・保険料払込猶予期間を最長 6 ヵ月間(2020 年 9 月末日まで)延長

・契約者貸付の手続きについて、必要書類を一部省略する等により、簡素化

新型コロナウイルス感染症による影響を受けられた契約者のご契約について、特別措置を実施しております

 

SOMPOひまわり生命

・保険料の払込みを猶予する期間を最長6か月延長

「新型コロナウイルス」感染拡大に伴う保険料払込み特別措置のご案内

・新型コロナウイルスを原因とする疾病は、疾病入院給付金や死亡保険金のお支払い対象

・災害入院給付金や災害死亡保険金については、現時点では保障の範囲外

・入院給付金請求手続きの簡易取扱い

「新型コロナウイルス」感染拡大に伴う給付金請求の簡易取扱のご案内

 

東京海上日動火災保険

・継続契約の締結手続の猶予(2020年5月31日まで)

・保険料払込の猶予(2020年5月31日まで)

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として継続手続を猶予

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として保険料払込みの猶予

新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

三井住友海上火災保険

・継続契約の締結手続の猶予(2020年5月31日まで)

・保険料払込の猶予(2020年5月31日まで)

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として継続手続を猶予

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として保険料払込みの猶予

新型コロナウイルスに関するご案内

 

損保ジャパン日本興亜

・継続契約の締結手続の猶予(2020年5月31日まで)

・保険料払込の猶予(2020年5月31日まで)

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として継続手続を猶予

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として保険料払込みの猶予

新型コロナウイルス感染症に関するご案内

 

あいおいニッセイ同和損害保険

・継続契約の締結手続の猶予(2020年5月31日まで)

・保険料払込の猶予(2020年5月31日まで)

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として継続手続を猶予

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として保険料払込みの猶予

新型コロナウイルス感染症に関する情報

 

AIG損害保険

・継続契約の締結手続きならびに保険料の払込みにつき、2020年5月31日(日)まで猶予

・自賠責保険継続契約の継続契約の締結手続猶予

・付帯サービス「電話健康相談サービス」にて専任のスタッフ(保健師・看護師等)による新型コロナウイルス感染症に関するご相談を24時間年中無休で利用可能

新型コロナウイルス感染症に関する弊社商品・サービスの取扱いについて

 

セコム損害保険

・継続契約の締結手続の猶予(2020年5月31日まで)

・保険料払込の猶予(2020年5月31日まで)

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として継続手続を猶予

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として保険料払込みの猶予

新型コロナウイルス感染症により影響を受けられた皆さまへ

 

楽天損害保険

・継続契約の締結手続の猶予(2020年5月31日まで)

・保険料払込の猶予(2020年5月31日まで)

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として継続手続を猶予

・自賠責保険継続契約について、2020年4月30日を限度として保険料払込みの猶予

新型コロナウイルス感染症によりご契約者が影響を受けられた場合の特別措置について

 

ジェイアイ傷害火災保険

新型コロナウイルスに関する保険の取扱いについて

 

アニコム損害保険

・「ペットを伴わない通院」も補償の対象

新型コロナウイルス対応に伴い、保険適用対象を拡大します

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です