主な相続手続きの流れ

相続の基本

主な相続手続きの流れ

(最終更新日:2017年11月09日)

相続の手続には期限がある

さまざまな相続の手続きには期限があることをご存知ですか?

例えば、相続税の納付は相続発生から10か月以内と決まっています。

ここでは、主な相続の手続きの流れをみていきましょう。

 

相続発生から 行うこと
7日以内 死亡届の提出(市区町村)
3か月以内 ・遺言書の確認、家庭裁判所への検認手続き(公正証書遺言除く)

・相続人の調査、確定

・財産の調査

相続放棄/限定承認手続き(家庭裁判所)

4か月以内 準確定申告、納付(被相続人の所得税の申告、納付)
10か月以内 ・遺産分割協議

・遺産の名義変更

・相続税の申告、納付

 

 

相続手続き以外に行うこと

上記の手続きは相続に関するものになりますので、他に下記のことも行わなくてはなりません。

・葬儀、火葬、納骨、法事等の手配

・被相続人が加入していた生命保険等の請求手続き

・国民健康保険加入者の場合 葬祭費(1万円~7万円)の請求(2年以内)

・健康保険加入者の場合 埋葬料(一律5万円)の請求(2年以内)

・公的保険や住民票等の世帯主変更手続き

・被相続人が所属していた会員等の名義変更、抹消手続き等

 

 

事前の準備が大切

これら一連の手続きは、遺族にとっては大きな負担になります。遺族の負担を少しでも軽減するためには、事前に遺産をまとめておく、相続の方法を決めておく、遺言書を残しておく、納税資金を準備しておく、相続人に意思を伝えておくなどの相続対策が大切になります。

 

 

困ったら専門家に相談を

保険相談サロンFLPでは、無料で税理士や相続診断士に相談できる「あんしん相続サポート」というサービスを行っています。

あんしん相続サポートの詳細はこちら

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です