学資保険の3つの保障

学資保険の基本

学資保険の3つの保障

(最終更新日:2017年09月15日)

学資保険の主な保障は3つあり、たくさん保障がついていれば安心ですが、それだけ保険料がかかりますので、返戻率が下がります。
逆に言うと、保障を削ることで、保険料を安くしたり、返戻率を上げることができます。

基本の保障

(1)保険料払込免除+学資金確保:契約者(親)が万が一のときには以後の保険料の支払いが免除され、
満期時に学資金を100%受け取ることができます。
この保障により、契約者(親)に万が一の事があった場合でも、子どもの教育資金は確保することができます。

 
(1)は教育費の準備として学資保険を利用するのであれば最低限必要なものです。
(1)がなければ、親に万が一のことがあった場合、保険料の支払いがストップしてしまい、学資金を準備できなくなってしまいます。 もともと保障に組み込まれている場合もありますが、「払込免除特約」を付加するタイプもありますので付け忘れないように注意しましょう。

オプションの保障

(2)育英年金:契約者(親)に万が一の事があった場合、育英費用とし満期(例えば18歳)になるまで年金が支給されます。
学資金というよりも親のお給料保障のようなイメージです。

(3)子どもの病気やケガの保障:子供が病気で入院した場合や特定のケガになった場合に給付金が受け取れます。

(2)と(3)についてはまずはその保障が必要か、必要ならいくら必要かを決めましょう。
その上で必要であれば他の保険との重複に注意して加入を検討しましょう。
(2)であれば親の死亡保障、(3)であれば子どもの医療保険でも保障を持つことができます。

まとめると

・保険料の払込免除は基本の保障、必ずついているか確認しましょう。
・その他オプションの保障は付加すれば返戻率が下がりますので必要かどうか十分検討しましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です