女性向け保険には入るべきですか?

医療保険Q&A

女性向け保険には入るべきですか?

(最終更新日:2017年11月07日)

子宮筋腫、卵巣のう腫、乳がん、子宮がんなど、
これらの病気にかかり入院する女性の割合が多いといわれています。
そんな時に、女性特有の病気を手厚く保障してくれるのが、女性の医療保険。
保障だけでなく、積立ボーナス付きのものもあります。
女性特有の病気になった場合にどのような保障があるのかをみていきましょう。

女性特有の病気になった時の公的医療保険の保障

女性特有の病気になったからといって、公的医療保険の自己負担割合は通常の病気と変わりません。

女性特有の病気になった時の民間医療保険の保障

女性特有の病気で入院した時には、通常の医療保険でも入院給付金、手術給付金は支払われます。

女性向け保険に加入して、女性特有の病気の保障を手厚くすると、保険料はその分高くなります。
保険加入にあたっては、自分自身のリスク度合いを考えて保険を選ぶといいかもしれません。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です