女性特有の病気の患者数と平均入院日数ってどれくらい?

医療保険に関するデータ

女性特有の病気の患者数と平均入院日数ってどれくらい?

おもな女性特有の病気

女性には子宮体がん、乳がん、卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症など、女性ホルモンの影響によってかかる、女性特有の病気があります。

 

下記のグラフは、主な女性特有の病気の患者数を示したものです。

乳がんが192,000人、子宮筋腫が95,000人と女性特有の病気の中でも患者数が多いことがわかります。

 

主な女性特有の病気の患者数(概算)

(出典)厚生労働省「平成23年患者調査」

 

 

女性特有の病気の平均入院日数

下記の表は、主な女性特有の病気の平均入院日数を示したものです。

病気によって差はありますが、10日~20日程度の入院が必要になるといえるでしょう。

 

主な女性特有の病気の平均入院日数

子宮頸がん17.8日
子宮体がん12.2日
乳がん11.8日
卵巣がん11.3日
子宮筋腫8.6日
子宮内膜症8.1日

(出典)厚生労働省「平成23年患者調査」

 

 

女性特有の病気に手厚い医療保険

女性特有の病気に手厚い医療保険も発売されています。商品によって異なりますが、主な特徴としては下記のようなものがあります。

(1)女性特有の病気による入院の場合、入院給付金が上乗せで支給される

(2)女性特有の病気による手術の場合、手術給付金が上乗せで支給される

(3)乳房再建費用が保障される

 

ただ、女性向け医療保険は女性特有の病気には手厚い保障がある分、一般的な医療保険よりも保険料が割高になります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です