入院前後の通院割合は約8割!?あわせて変化する医療保険

(最終更新日:2019年12月18日)

入院前通院の割合は増加傾向

下記のグラフは入院の前に検査や投薬、治療のために通院をした割合を示したものです。

平成11年には78.5%であったものが、平成26年には84.9%と増加傾向にあることがわかります。

 

入院前通院の割合

(出典)厚生労働省「平成11~26年患者調査」

 

 

入院後通院の割合は約8割

下記のグラフは入院の後に検査や投薬、治療のために通院をした割合を示したものです。

平成11年には83%、その後80%前後を推移し、平成26年には84.8%となっており、入院後約8割の方は引き続き通院で治療を行っていることがわかります。

 

入院後通院の割合

(出典)厚生労働省「平成11~26年患者調査」

 

 

医療保険も変化している

入院前後に通院を伴う割合が高い現状を踏まえ、医療保険も変化しています。

従来は通院特約といえば、「入院後の通院」に限るものが主流でした。

近年では、「入院後の通院」だけでなく、「入院前の通院」も保障される特約が発売されてきています。

 

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧