入院前後の通院割合は約8割

医療保険に関するデータ

入院前後の通院割合は約8割

(最終更新日:2017年11月09日)

入院前通院の割合は増加傾向

下記のグラフは入院の前に検査や投薬、治療のために通院をした割合を示したものです。

平成11年には78.5%であったものが、平成26年には84.9%と増加傾向にあることがわかります。

 

入院前通院の割合

(出典)厚生労働省「平成11~26年患者調査」

 

 

入院後通院の割合は約8割

下記のグラフは入院の後に検査や投薬、治療のために通院をした割合を示したものです。

平成11年には83%、その後80%前後を推移し、平成26年には84.8%となっており、入院後約8割の方は引き続き通院で治療を行っていることがわかります。

 

入院後通院の割合

(出典)厚生労働省「平成11~26年患者調査」

 

 

医療保険も変化している

入院前後に通院を伴う割合が高い現状を踏まえ、医療保険も変化しています。

従来は通院特約といえば、「入院後の通院」に限るものが主流でした。

近年では、「入院後の通院」だけでなく、「入院前の通院」も保障される特約が発売されてきています。

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です