火災保険の見直しで保険料節約

火災保険の選び方

火災保険の見直しで保険料節約

(最終更新日:2017年09月14日)

火災保険も見直しができる

「住宅ローンを組んだ時に、よく分からないまま一括払いで火災保険を契約した」という方が多くいらっしゃいます。
そのような方は火災保険を見直すことで保険料の節約ができるかもしれません。
理由は、住宅購入時に勧められる火災保険は、水災や破損、汚損も補償する、手厚いタイプの火災保険が多いからです。その火災保険から、不要な部分を削れば保険料の節約ができます。

 

例えば、水災はお住まいの地域の水災リスクを考慮して、外してもいいかもしれません。また、破損、汚損は貯蓄でカバーすると割り切って外してもいいかもしれません。当然、補償内容を削れば保険料は安くなります。
このように補償内容を見直すことで保険料の節約ができる可能性があるのです。

 

長期一括払いの未経過保険料は返ってくる

「一括払いしたので見直しは難しいのでは・・・」と心配されるかもしれませんが、長期一括払いの場合、未経過期間の保険料分は戻ってきますので、見直しは可能です。

 

お住まいの地域や、補償内容、契約からの経過期間によって見直しの効果は様々ですが、一度火災保険の契約内容を確認してはいかがでしょうか。

 

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です