個人年金保険と国民年金(公的年金)の違いとは?

(最終更新日:2024年03月15日)

個人年金保険と国民年金、言葉は似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

個人年金保険と国民年金(公的年金)の位置づけ

個人年金保険と国民年金(公的年金)は名前は似ていますが、全く別物です。

個人年金保険は民間の保険会社が提供している保険商品、国民年金(公的年金)は20歳になった全ての人が強制加入の公的年金制度です。

日本の公的年金制度と個人年金保険

日本の公的年金制度と個人年金保険

 

 

個人年金保険と国民年金の比較

個人年金保険と国民年金は全く違うものです。個人年金保険と国民年金の違いは下記の表の通りです。

個人年金保険と国民年金の比較

個人年金保険 国民年金
加入 任意加入 20歳以上は強制加入
加入先 保険会社 日本年金機構
保険料 契約による 月16,540円
年金額 契約による 約79万円(月6.6万円)
受取期間 契約による 原則65歳から一生涯

老齢年金を受け取れる

障害状態に
なったとき
商品によって
保険料払込免除になる場合も
受給要件を満たす限り一生涯

障害年金を受け取れる

死亡時 既払込保険料相当額が遺族に支払われる 子が18歳になるまで

遺族年金が遺族に支払われる

(遺族基礎年金)

 

 

 

個人年金保険は生命保険会社の保険商品

個人年金保険とは、老後の生活資金の積立を目的とした保険で、民間の保険会社が販売している保険商品の一種です。

保険料払込期間に年金原資を積み立て、年金受取期間になると所定の年金受取が開始します。

保険料払込期間中に死亡した場合は、既払込保険料相当額が遺族に支払われます。

 

 

 

国民年金は公的な年金制度

国民年金とは、わが国の年金制度の根幹をなすもので、全国民が加入を義務付けられている公的年金制度のことです。

20歳以上の国民は強制加入になります。

国民年金から支給される基礎年金には、一定年齢になったら受け取れる「老齢基礎年金」、所定の障害状態になったら受け取れる「障害基礎年金」、死亡時に遺族が受け取れる「遺族基礎年金」などがあります。

まとめると

・国民年金と個人年金保険は全く違うものです。国民年金と個人年金保険の違いを理解しておきましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする

記事カテゴリ一覧