個人年金保険と一般の生命保険の違い

個人年金保険の基本

個人年金保険と一般の生命保険の違い

(最終更新日:2017年09月13日)

個人年金保険は生命保険の一種ですが、いわゆる死亡保障が目的の終身保険や定期保険などの生命保険とは違う点があります。
どのような違いがあるのでしょうか。

死亡保障の違いを知っておきましょう

個人年金保険と一般の生命保険(終身保険や定期保険)は同じ生命保険ですが、下記の図のように死亡保障の大きさが全く違います。
ここでは一般の生命保険として終身保険との違いをみてみましょう。

個人年金保険と終身保険の死亡保障の違い

 

個人年金保険は支払った保険料相当額が受け取れるだけ

個人年金保険は、保険料払込期間中に被保険者が死亡した場合、今までに支払った保険料相当額が受け取れるだけです。
ですから、個人年金保険は基本的には将来年金を受取るための積立という事になります。

 

一般の生命保険は支払う保険料よりも大きな死亡保障

一般の生命保険(ここでは終身保険)は、被保険者が死亡した時に死亡保険金を受け取る事ができます。
支払う保険料よりも大きな保障を受けることができます。

まとめると

・個人年金保険と一般の生命保険は同じ保険でも死亡時の保障が違います。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です