個人年金保険とは

個人年金保険の基本

個人年金保険とは

(最終更新日:2017年09月13日)

老後生活に向けた資金準備の方法のひとつとして、個人年金保険が挙げられます。
ここでは個人年金保険について紹介します。

悩みや不安の1位は「老後の生活設計」

全国の20歳以上の国民10,000人を対象にした、内閣府の平成26年「国民生活に関する世論調査」によると、日常生活のなかで感じる悩みや不安の1位は「老後の生活設計」となっています。

悩みや不安の内容(複数回答) 

(出典)内閣府 平成26年「国民生活に関する世論調査」

 

2位が「自分の健康」、3位が「家族の健康」となっており、多くの方が健康よりも、老後の生活設計について不安を感じていることがわかります。

 

老後に備える自助努力

日本では、急激な少子高齢化や、若年層の労働環境の悪化による国民年金の納付率低下等、将来の公的年金制度の運営に不安をもたらす要因があります。
そのため、公的年金に加え、自分自身で老後に備えようと考える方が増えつつあります。
そうした「私的年金」つくりの方法のひとつとして「個人年金保険」があります。

 

個人年金保険とは

個人年金保険とは、老後の生活資金の積立を目的とした保険です。
公的年金制度で不足する部分をカバーする目的で加入するのが一般的です。

 

個人年金保険のしくみ

保険料払込期間に年金原資を積み立て、年金受取期間になると所定の年金受取が開始します。
保険料払込期間中に死亡した場合は、既払込保険料相当額が遺族に支払われます。
死亡時よりも生存時の保障を重視した保険と言えます。

まとめると

・老後に備えるためのひとつの方法として、公的年金制度で不足する部分をカバーする目的で加入する個人年金保険があります。
・個人年金保険の仕組みを理解しましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です