個人年金保険は何歳から加入できるの?

個人年金保険Q&A

個人年金保険は何歳から加入できるの?

(最終更新日:2017年09月13日)

公的な老後保障である国民年金は20歳以上の国民は強制加入となりますが、民間の個人年金保険は何歳から加入できるのでしょうか。

20歳から加入できる商品が多い

保険会社や保険商品によっても異なりますが、20歳から加入できるようになっている商品が多いです。

 

時間を味方につけ、若いうちから計画的に積み立てを

個人年金保険は、40歳以降の方が老後生活を考えて加入するパターンが多いのですが、若いうちから加入しておくメリットがあります。
それは、同じ金額を積み立てるのでも、長い期間保険料を支払う方が、毎月の保険料が少なくて済みますし、運用の利回りも高くなります。

 

例えば、40歳から60歳の20年間で1,000万円を積み立てようとすると、月々の積立額は
1,000万円÷240か月(20年)≒4.1万円
となります。

 

一方、30歳から60歳の30年間で1,000万円を積み立てようとすると、月々の積立額は
1,000万円÷360か月(30年)≒2.7万円
となります。

 

若いうちから計画的に積み立てれば月々の保険料の負担も小さく、老後資金を準備することができます。

まとめると

・個人年金保険は20歳から加入できるようになっている商品が多いです。
・若いうちから計画的に積み立てをすれば、月々の保険料の負担が小さくできます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です