個人年金保険は20歳にならないと加入できないの?

個人年金保険Q&A

個人年金保険は20歳にならないと加入できないの?

公的な老後保障である国民年金は20歳以上の国民は強制加入となりますが、民間の個人年金保険は何歳から加入できるのでしょうか。

簡単3ステップ!老後資金シミュレーションページへのバナー,保険相談サロンFLP

個人年金保険とは

個人年金保険は、保険料払込期間に年金原資を積み立て、年金受取期間になると所定の年金受取が開始します。

保険料払込期間中に死亡した場合は、既払込保険料相当額が遺族に支払われます。

死亡時よりも生存時の保障を重視した保険と言えます。

 

個人年金保険のイメージ

 

 

 

個人年金保険は20歳から加入できる商品が多い

保険会社や保険商品によっても異なりますが、20歳から加入できるようになっている商品が多いです。

 

 

 

時間を味方につけ、若いうちから計画的に積み立てを

個人年金保険は、40歳以降の方が老後生活を考えて加入するパターンが多いのですが、若いうちから加入しておくメリットがあります。
それは、同じ金額を積み立てるのでも、長い期間保険料を支払う方が、毎月の保険料が少なくて済みますし、運用の利回りも高くなります。

 

例えば、40歳から60歳の20年間で1,000万円を積み立てようとすると、月々の積立額は
1,000万円÷240か月(20年)≒4.1万円
となります。

 

一方、30歳から60歳の30年間で1,000万円を積み立てようとすると、月々の積立額は
1,000万円÷360か月(30年)≒2.7万円
となります。

 

若いうちから計画的に積み立てれば月々の保険料の負担も小さく、老後資金を準備することができます。

まとめると

・個人年金保険は20歳から加入できるようになっている商品が多いです。
・若いうちから計画的に積み立てをすれば、月々の保険料の負担が小さくできます。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です