医療保険の見直しのポイント

医療保険の見直し

医療保険の見直しのポイント

(最終更新日:2017年09月12日)

医療保険は、新商品が次から次に出てきますので、気になる人も多いかと思います。
既に加入している医療保険を見直す場合、どのようなポイントがあるのでしょうか。

医療保険の見直しの4つのポイント

医療保険を見直す場合、下記の4つのポイントについて現在加入中の医療保険がどのような内容か確認し、検討するとよいでしょう。

 

(1)入院何日目から保障されるか

以前の医療保険では、「8日以上入院したら1日目から保障」や「入院5日目から保障対象(4日間は免責)」といった保障内容が主流でした。
最近は「1泊2日から保障」や「日帰り入院から保障」などへ変わり、短期入院にも対応するようになってきています。

 

(2)1回の入院で何日まで保障されるか

以前の医療保険では、「1入院120日まで保障」といった120日型が主流でした。
最近は60日型が主流となってきていて、短期入院を重視する傾向があります。また、所定の生活習慣病に関しては120日まで保障する特約が付加できるなど、多様化しています。

 

(3)先進医療の保障があるか

最近ではほとんどの医療保険で先進医療の保障を特約で付加できるようになっています。

 

(4)積立型か掛け捨て型か

以前の終身型の医療保険は、貯蓄性(解約返戻金や生存給付金等)のあるタイプが主流でした。
最近は、終身の保障を割安な保険料で確保したい要望に応えて、掛け捨てタイプの終身医療保険が増えてきています。

 

医療保険見直しの注意点

医療保険を見直す場合、下記の点に注意しましょう。

 

(1)契約年齢が上がると保険料が上がる

医療保険は契約年齢が上がるほど保険料が上がっていきます。
若いころに医療保険に加入をしていて、その保険を見直すのであれば年齢による保険料アップは気をつけなければいけません。

 

(2)新たな医療保険に加入できる健康状態かどうか

新しい医療保険に加入するには、現在の健康状態を元に審査されます。
健康状態に不安がある場合は、状況が改善するまで待つか、加入している医療保険を継続する方がよいでしょう。現在通院している、直近で入院歴がある、健康診断で指摘を受けているなど、健康状態によっては新たに医療保険に加入ができない可能性があります。
ですから、新たな医療保険に加入する場合、新たな医療保険の申込みをして保険会社の審査が通ってから今の医療保険を解約するようにしましょう。もし先に解約をして、審査が通らなかった場合無保険状態になってしまいますので注意しましょう。

 

(3)解約返戻金はあるか

貯蓄性のある終身医療保険を早期に解約すると解約返戻金があったとしても返戻率が低くなってしまいます。解約する前に支払った保険料や解約返戻金を確認しましょう。

 

(4)現在の医療保険を活かせないか

前述したとおり、新しい医療保険に加入することでデメリットになることもあります。
医療保険の保障を見直す方法は、新しい医療保険に加入し直すだけではありません。現在加入している医療保険に、希望する保障が特約で用意されていて、追加で加入できる場合もあります。

まとめると

・医療保険の見直しの際は、上記の4つのポイントを確認しましょう。
・医療保険の見直しは、保障内容以外にも被保険者の年齢や健康状態、解約返戻金などが影響しますので、現在の医療保険を活かすことも検討しましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です