女性向け医療保険とは?女性向け医療保険の仕組み

女性の医療保険選び

女性向け医療保険とは?女性向け医療保険の仕組み

女性は女性向けの医療保険に入った方がいいのでしょうか?ここでは、女性向け医療保険の特徴について見ていきましょう。

女性向け医療保険の保障内容

入院給付金の上乗せ

女性用の医療保険は、女性特有の病気の場合の入院給付金が手厚くなっています。例えば、入院給付金日額が1万円であっても女性特有の病気での入院給付金日額は1万5000円といった具合です。

 

手術給付金の上乗せ

中には、手術給付金において、女性特有の疾病の場合には給付金が上乗せされるというものもあります。

 

乳房再建費用を保障している保険もある

一部の医療保険やがん保険には、乳がんなどで乳房を切除してしまった時に、乳房の形状等を再建するための手術費用を保障対象にしている保険もあります。

 

生存給付金つきの保険もある

女性専用の医療保険には生存給付金をつけている医療保険があります。生存給付金とは、一定期間ごとに生存していればもらえる給付金のことで、3年ごとや5年ごとなどの設定があります。女性の場合、男性よりも掛け捨ての保険料への抵抗感が強い傾向にあるため、このような商品も発売されています。

 

女性向け医療保険は女性特有の病気には手厚い保障がある分、一般的な医療保険よりも保険料が割高になります。

 

女性は女性向けの医療保険に入るべき?

一般的な医療保険でも女性特有の病気の場合、保障されます。ですから、女性だからといって女性専用の医療保険を必ず選択しなければならないわけではありません。女性向けの医療保険の方が、保障が手厚いというだけなのです。
女性特有の病気に対して特に手厚く備えたい場合、女性専用の医療保険を選択するとよいでしょう。

まとめると

・女性向け医療保険は女性特有の病気の保障が手厚くなっています。その分、一般的な医療保険よりも保険料が割高になります。
・女性特有の病気に対して特に手厚く備えたい場合、女性専用の医療保険を選択するとよいでしょう。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

セミナー実績:毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナー など多数

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です