入院時の費用は医療費だけじゃない!?健康保険適用外の費用とは?

入院に関する基礎知識

入院時の費用は医療費だけじゃない!?健康保険適用外の費用とは?

入院時にかかる費用と健康保険

入院時には様々な費用がかかります。それらは健康保険が適用されるものとされないものがあります。

入院時の費用と健康保険

 ※現役世代、一般的な収入の場合

 

健康保険適用外の費用

入院時には医療費以外に、健康保険適用外の費用がかかることがあります。
健康保険適用外ですので全額自己負担になります。
近年、先進医療などの治療の選択肢が増えていたり、病院のサービスが充実している中で、健康保険適用外の費用がかかるケースも多く見受けられます。

 

先進医療にかかる技術料

先進医療にかかる技術料は健康保険が適用されず、全額自己負担になります。治療方法によりますが、数十万円~数百万円の費用がかかることもあります。

 

差額ベッド代

差額ベッド代とは、いわゆる個室などに入院した場合、健康保険適用の範囲外で患者に請求される病室の費用のことをいいます。

 

1日あたりの平均差額ベッド代

1人部屋(個室)7,837円
2人部屋3,119円
3人部屋2,798円
4人部屋2,440円
平均6,188円

(出典)厚生労働省 平成30年11月「第401回中央社会保険医療協議会・主な選定療養に係る報告状況」

全額が自己負担となり、入院日数が長くなると負担が大きくなってきます。

約73%の方が差額ベッド代を負担しても「個室や少人数部屋」を希望する、というデータもあります。

個室や少人数部屋を希望しますか

(出典)セールス手帖社保険FPS研究所 平成26年「サラリーマン世帯生活意識調査」

 

食事代

1食260円。1日780円×入院日数が自己負担になります。

 

交通費

病院にお見舞いにくる家族の交通費など

 

食費

配偶者や子どもがいる場合の外食費など

 

消耗品

入院生活に必要な日用品。パジャマ、下着、洗面用具など。

 

見舞い・快気祝い

お見舞いに来てくれた方へのお礼

 

事業補てん(自営業の方)

仕事ができない間に事業を継続するために代わりの人を雇う資金など

 

このように、さまざまな健康保険適用外の費用がかかることがわかります。

 

実際の自己負担額は?

では実際に入院した場合、どの程度のお金(自己負担)がかかるのでしょうか。
生命保険文化センターの令和元年度の「生活保障に関する調査」によると、入院時の自己負担費用は、1日平均23,300円となっています。

 

直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

※対象者:過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人(高額療養費制度を利用した人+利用しなかった人(適用外含む)
※自己負担費用:治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額

(出典)生命保険文化センター 令和元年度「生活保障に関する調査」

 

このように、健康保険が適用される医療費と、健康保険適用外の費用がかかることを理解して、それを踏まえ医療保険を検討するとよいでしょう。

 

YouTubeで解説しています

【医療保険検討②】先進医療技術料・差額ベッド代は全額自己負担。入院の自己負担額に備えるには?

 

まとめると

・入院時には医療費以外に様々な費用がかかることがあり、健康保険の適用外となります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です