がん治療でよく聞く「先進医療」は健康保険が適用される?

がんの知識

がん治療でよく聞く「先進医療」は健康保険が適用される?

(最終更新日:2017年09月08日)

がんの治療法として耳にすることのある「陽子線治療」や「重粒子線治療」などの先進医療は健康保険が適用されるのでしょうか。

先進医療は健康保険適用外

先進医療とは、厚生労働省が定める高度な医療技術を用いた治療のことで、将来的に健康保険等の適用が検討されている技術のことをいいます。
すなわち、現時点では「健康保険が適用されない治療」ということになります。
先進医療のうち、通常の保険診療と共通する診察・検査・投薬・入院等以外の部分は、健康保険が適用されないため全額自己負担となります。

 

先進医療が健康保険を適用されない理由

日々進歩していている医療技術には、研究段階から医療現場で使用できるレベルまで段階があります。
その中で、現場で使える段階にあるものの、ごく一部の限られた医療機関でしかできない医療技術が先進医療にあたります。
ですから、例えばある先進医療が全国でも東京の一病院でしかできないのに、もし保険扱いにしたら遠方の人には不公平となるため、先進医療の技術料は健康保険適用対象になっていないのです。

 

がんの先進医療

厚生労働省のホームページによると、平成27年6月1日現在、先進医療には108技術が指定されています。
そのうちがん治療に関する主なものを紹介します。

がんの先進医療の例

技術名 平均技術料
陽子線治療 約2,580,000円
重粒子線治療 約3,000,000円
腹腔鏡下子宮体がん根治手術 約525,000円

(出典)厚生労働省 平成25年度先進医療技術の実績報告

陽子線治療は約258万円、重粒子線治療は約300万円と、かなり高額な費用がかかることがわかります。

 

先進医療特約で備える

健康保険適用外の先進医療の費用に備えるため、がん保険や医療保険には先進医療特約を付加することができます。
保険料は、月々100円程度となっています。
先進医療特約に加入していれば、先進医療を受けた場合の技術料の実費負担をカバーすることが可能です。
保障期間通算で1000万円や2000万円のような保障額の上限が設定されています。

 

まとめると

・先進医療にかかる費用は健康保険が適用されないため全額自己負担となります。
・健康保険適用外の先進医療の費用に備えるため、がん保険や医療保険には先進医療特約を付加することができます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です