火災保険は長期契約で数万円の保険料の節約ができる?

火災保険Q&A

火災保険は長期契約で数万円の保険料の節約ができる?

(最終更新日:2017年10月12日)

10年一括払いで保険料が約18%割引になる

現在、住宅の火災保険は最長10年で新規契約が可能です。
火災保険には長期契約割引があり、契約期間が長いほどその割引率は大きくなりますので保険料は割安です。

 

火災保険における長期契約一括払いの保険料割引率

契約年数 割引率
2年 7.50%
3年 10.00%
4年 12.50%
5年 14.00%
6年 15.00%
7年 15.70%
8年 16.30%
9年 17.30%
10年 18.00%

※割引率は一例です。(2015年10月1日現在)全ての保険会社で同一とは限りません。
※保険会社や契約のプランによっては長期契約ができない場合もあります。

 

上の表の通り、最長の10年契約の一括払いでは1年契約に比べ、保険料を約18%節約することができます。

 

実際の割引額はいくら?

年間保険料3万円の例で、長期契約の割引額を見てみましょう。

 

10年分の火災保険料比較

契約年数 10年分の保険料 割引額
1年契約 300,000円 0円
5年契約 258,000円 42,000円
10年契約 246,000円 54,000円

※保険料は一例であり、あくまでも概算です。

 

年間保険料3万円の場合、10年分の保険料で54,000円の保険料の節約ができることがわかります。
一括払いですので、保険料の負担は一時的に大きくなりますが、最大18%の割引は非常に魅力的です。新規で火災保険に加入予定の方は、長期契約も一つの有力な選択肢として検討してみましょう。

 

加入済の人も見直しで保険料を節約の可能性

既に火災保険に加入している人も、長期契約に見直すことで保険料を節約できる可能性があります。特に1年更新の火災保険に加入している場合、保険料を節約できる可能性が高いです。
実際に、見直しで保険料が安くなった例をみてみましょう。

(例)一戸建てのマイホームの購入を機に1年契約(年間保険料3万円)の火災保険に加入中。現在加入して5年目だが、10年の長期契約に見直し、新たに契約。

 

10年の長期契約に見直した場合、総額の保険料では約54,000円の保険料の節約ができました。※

 ※ 保険料は一例です。保険商品や補償内容、地域や建物の構造によって異なります。

 

一度火災保険の確認を

これから火災保険の加入を検討している方も、既に現在火災保険に加入している方も、割引率の高い長期の火災保険について確認してみることをお勧めします。

まとめると

火災保険に加入する時、長期契約の割引を活用すれば、数万円の保険料を節約できる可能性があります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です