ウイルスや細菌の感染によってがんのリスクが高まる

がんの知識

ウイルスや細菌の感染によってがんのリスクが高まる

(最終更新日:2019年03月11日)

がんは日本人の死因の第1位

1981年以来、がんは日本人の死因の第1位となっています。2014 年にがんで亡くなった日本人は約37 万人で、国民の3人に1人ががんで亡くなっている計算になります。

がんは日本人の国民病の一つといっていいでしょう。

 

主な死因別死亡者数の年次推移

(出典)厚生労働省「平成27年 人口動態統計」

 

 

がんの要因は生活習慣だけではない

がんは「生活習慣病」のひとつですですが、がんは生活習慣だけではなく、ウイルスや細菌の感染によってがんのリスクが高まります。

 

ではいったいどのようなウイルスや細菌により、どんながんの要因になるのでしょうか?

 

 

がんのリスクを高めるウイルスや細菌

・肝炎ウイルス

B 型・C 型肝炎ウイルスに感染した人は、肝臓がんになりやすいといわれています。

地域の保健所や医療機関で、1度は肝炎ウイルスの検査を受けることが重要です。

[監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]

・ヘリコバクターピロリ菌

ヘリコバクターピロリ菌は、胃がんの発生の重要な因子の一つと考えられ、日本人中高年の感染率が非常に高いことがわかっています。

ヘリコバクターピロリ菌の検査を受け、感染していれば除菌治療を含めて専門医と相談しましょう。

[監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]

・ヒトパピローマウイルス

ヒトパピローマウイルスは、性交経験のある女性のほとんどが一生に一度はHPV に感染することが分かっています。多くの場合、ヒトパピローマウイルスは自然に消えるといわれていますが、感染した細胞が子宮頸がんに進行する可能性があります。

しかし、がんになる前の「前がん病変」を子宮頸がん検診で発見することができます。

(出典)公益財団法人 がん研究振興財団「感染とがん」

 

 

いざというときのためのがん保険

がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることができます。

店舗検索はこちら

 

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です