がんにかかってしまう原因はなに?

がんの知識

がんにかかってしまう原因はなに?

(最終更新日:2019年03月11日)

がんの原因は?

がんの原因の多くはたばこや飲酒、食事などの日常の生活習慣にかかわるものだとわかっています。

2005 年に発生した日本人のがんの原因のうち、男性では喫煙・受動喫煙(30%)、感染(23%)、飲酒(9%)、女性では感染(18%)、喫煙・受動喫煙(5%)、飲酒(3%)が上位を占めていたと推定されます。

(出典)がん研究振興財団 がんを防ぐための新12か条

 

 

がんの原因となりやすい部位

がんには部位別になりやすい原因というものがあります。良く耳にするのは「喫煙は肺がんになるリスクを高める」というものです。

他にも食生活や細菌の感染等も特定のがんのリスクを高めることがわかっています。

[監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]

 

がんの原因となりやすい部位

がんの原因 なりやすい部位
喫煙 胃、肺、すい臓、子宮頚部、肝臓、食道など
飲酒 肝臓、食道、乳房など
運動不足 大腸
肥満 乳房、大腸など
野菜・果物不足 肝臓
塩分の摂り過ぎ 胃など
熱い飲食物の摂取 食道など
ヒトパピローマウイルスの感染 子宮頚部
ピロリ菌の感染
肝炎ウイルスの感染 肝臓

(出典)国立がん研究センターがん情報サービス

 

 

生活習慣の改善を

喫煙、飲酒、食生活の乱れ、運動不足といった日常の生活習慣ががんのリスクを高めてしまいます。

食事はバランスよく、飲酒は適度に、積極的な運動をするなど、生活習慣の改善を図ってがんの予防をしていきましょう。

[監修:公益財団法人 朝日生命成人病研究所]

 

 

いざというときのためのがん保険

がんになってしまったとき、治療費などの経済的な負担をカバーするのががん保険です。保険相談サロンFLPでは、無料で何度でもがん保険の相談をすることができます。

店舗検索はこちら

 

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です