学資保険とは?預貯金とどう違うの?

様々な保険(生命保険)

学資保険とは?預貯金とどう違うの?

(最終更新日:2019年02月28日)

子どもの教育資金の準備のために活用される学資保険。
学資保険にはどのような特徴があるのでしょう。

学資保険

学資保険は養老保険の一種で、「保障」と「貯蓄」の両方を兼ね備えた保険です。
満期時には学資金が支払われます。(複数回にわたって支払われるタイプもあります)

 

 

払込保険料と学資金

学資保険は払込保険料の総額より多くの学資金を受け取ることができるのが特徴です。
ただし、途中解約の場合などは払込保険料の総額より少ない解約返戻金となることがあるので注意が必要です。

 

 

万が一の時の払い込み免除

学資保険には、契約者(親)が死亡または所定の高度障害状態になったときに、以降の保険料の払込みが免除される上に、学資金の全額が受け取れるようにすることができます。
もともとそういう保障がある商品もありますが、「払込免除特約」を付加するタイプもあります。

いわゆる「保障」があるのが、預貯金との大きな違いとなります。

 

 

子供のイベントに合わせた期間設定

保険期間は高校卒業、成人準備、大学院進学準備など、子供のイベントに合わせた期間設定ができるようになっています。
〇〇年満期、〇〇歳満期といったプランがあります。
保険商品によってはお子様が生まれる前から加入できるものもあります。

 

 

学資保険のポイント

・満期時、払込保険料の総額より多くの学資金が受け取れる
・万が一の時、払い込み免除にできる

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です