子どもが生まれるときの保険見直しは必要?出産費用や教育資金はどうする?

保険見直し

子どもが生まれるときの保険見直しは必要?出産費用や教育資金はどうする?

子どもが生まれるときにはどんな費用がかかるのでしょうか。
また、子どもが生まれることによって保険をどう見直していけばいいのでしょうか。

保険,教育費,簡単30秒教育費シミュレーションへのバナー

出産の費用

基本的に妊娠・出産は健康保険が適用されず、妊婦健診や出産費用などで50万円~100万円程度のお金がかかると言われています。
しかし、早産や帝王切開といった「異常分娩」に当てはまる場合には、健康保険が適用されます。
また、異常分娩に伴う入院・手術をした場合、民間の医療保険の給付の対象になることがあります。

 

 

妊娠して医療保険に加入するのは遅い?

妊娠後に医療保険に加入する場合、「妊娠〇〇週目」といった妊娠後の期間や、過去に妊娠・分娩に伴う異常による入院・手術をしたかどうかがポイントになります。
それらによって加入不可になってしまう場合や加入できたとしても子宮等の部位に関しては保障の対象外にする(部位不担保)になる場合があります。
医療保険で出産のリスクに備えるのであれば妊娠をする前に加入するのがベストです。

 

 

万が一に備える

夫婦のどちらかが死亡してしまった場合、残された配偶者と子どもだけで生活していかなくてはなりません。 多くの場合、残された配偶者は働きながら子育てをすることになります。
公的な保障もありますが、「生活費や教育費に対して収入が足りない」という事態になりかねません。
そのような経済的リスクに備えるため、一般的に子どもが生まれると生命保険の見直しが必要になります。
どのような保険が必要かは世帯の収入、貯蓄額、持ち家か賃貸か、子どもの教育プランによっても違いますので個別にプランニングすることをお勧めします。

 

 

計画的に教育資金を準備する

教育資金の準備というと「学資保険」を思い浮かべる方もいらっしゃると思います。
学資保険は「保障」と「貯蓄」の両方を兼ね備えた保険です。
保険商品によっては子どもが生まれる前から加入できるものもありますので、子どもが生まれる可能性のある人は早めに検討をされるとよいでしょう。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です