帝王切開でも医療保険の給付金は出ますか?

(最終更新日:2019年12月18日)

お子様を生んだ時に、帝王切開になってしまうこともありますよね。
帝王切開をした場合には、医療保険の給付金の支払い対象になるのか、いつ医療保険に加入すればいいのかを、合わせてみていきましょう。

帝王切開は医療保険の給付金の対象になるの?

帝王切開の場合は手術給付金の支払い対象となります。
ただし、一つ気を付けていただきたいのが、一度帝王切開でお子様を分娩された方が、新規で医療保険に加入する際には、残念なことに部位不担保という特別条件が付き、二度目の帝王切開での分娩は、手術給付金の対象にはなりません。

 

妊娠前に医療保険に加入しておくと安心

出産の前後に入院、手術のリスクが高くなるという傾向があります。
将来的にお子様がほしいと思われている方は、妊娠前に医療保険の加入をしておくと安心ですね。
妊娠中でも新規で加入できる保険はありますが、異常妊娠に関しては、ほとんどの場合が、やはり部位不担保となってしまいます。
妊娠してからでも無条件で引き受けできる保険会社、商品も一部ありますが、より選択肢の多い妊娠前に医療保険の加入をお勧めします。

 

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧