個人年金保険の加入時に保険料を一括で支払うことはできるの?

個人年金保険Q&A

個人年金保険の加入時に保険料を一括で支払うことはできるの?

手元にまとまった資金がある場合には、保険料を一括で払うことはできるのでしょうか。

個人年金保険とは

個人年金保険とは、老後の生活資金の積立を目的とした保険です。

公的年金制度で不足する部分をカバーする目的で加入するのが一般的です。

 

 

個人年金保険のしくみ

個人年金保険は、保険料払込期間に年金原資を積み立て、年金受取期間になると所定の年金受取が開始します。

保険料払込期間中に死亡した場合は、既払込保険料相当額が遺族に支払われます。

死亡時よりも生存時の保障を重視した保険と言えます。

 

個人年金保険のイメージ

 

 

保険料を一括で支払うことは可能

保険料の支払方法で「一時払い」や「全期前納」という方法が選べる場合には、契約時に保険料を一括で支払うことができます。

 

 

 

一時払いとは

全ての保険料を一括で支払う事です。契約時に全額支払うことで、保険料を安く抑えることができます。

 

 

 

全期前納とは

全ての保険料を一括で支払う方法ですが、一時払いとは違い、支払うべき保険料の総額を保険会社に一旦預けて、保険料支払日に保険会社が代わりに支払っていく方法です。
こちらも月払いや年払いと比べ保険料を安く抑えることができます。

 

 

 

一時払いと全期前納では生命保険料控除の扱いが異なる

税制適格タイプの個人年金保険であれば、生命保険料控除(個人年金保険料控除)が適用になります。同じ一括での支払なのですが、一時払いと全期前納では控除の扱いが異なります。

一時払は、一時払をしたその年の分のみの控除となります。

一方、全期前納は、保険会社が預かった状態で毎月保険料が支払われていますので、所得控除を毎年受けることができます。

まとめると

・「一時払い」や「全期前納」という方法が選べる場合には、契約時に保険料を一括で支払うことができます。
・一時払いと全期前納では生命保険料控除の扱いが異なります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です