医療保険の保険期間を決める

医療保険の選び方

医療保険の保険期間を決める

(最終更新日:2017年09月12日)

医療保険を選ぶ上で、保険期間はどのように決めていけばいいのでしょうか。

医療保険の保険期間は2パターン

医療保険を選ぶ場合、医療保険には、一生涯の保障が得られる終身型と、一定期間だけを保障する定期型があります。
終身型であれば一生涯の保障を持つことができます。
定期型であれば保険料を抑えて保障を確保することができます。なお、定期型は保険料が更新の度に上がっていきますが、保険会社が定める引き受け可能な期間まで更新することができます。

 

終身型のメリット/デメリット

<メリット>
•保障が一生涯続きます
•更新がないため保険料が契約時のまま上がりません
•貯蓄性のあるタイプもあります

 

<デメリット>
•同じ保障の定期型に比べ、保険料が割高になります

 

医療保険は年を取ればとるほど必要になってくるものなので、保険料が上がらない方が安心という人が終身型を選ぶようです。

 

定期型のメリット/デメリット

<メリット>
•同じ保障の終身型に比べ、保険料が割安になります。

 

<デメリット>
•更新のたびに保険料が上がります。
•多くの場合、更新が一定年齢(80歳など)までしかできない

 

医療保障は必要だが、保険料をできるだけ安く抑えたいという方が定期型を選んでいるようです。
また、更新時に最新の医療保険に乗り換えることが前提であれば定期型がいいかもしれません。(ただし、更新時の健康状態によっては乗換えが難しい場合がありますので注意が必要です。)

まとめると

・終身型と定期型のメリットとデメリットを理解して自分に合った医療保険を選びましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です