学資保険の加入時期を決める

学資保険の選び方

学資保険の加入時期を決める

学資保険はいつ加入すればよいのでしょうか。
結論は「子どもが生まれることがわかり次第、早ければ早い方が良い」です。
早く加入する事の3つのメリットをみてみましょう。

保険,教育費,教育費シミュレーション,学資保険,保険,無料

積み立てがしやすい

教育費は支出の先延ばしが効かないものです。
マイホームや車の購入資金であれば状況に応じて予定の変更(先延ばし)が可能ですが、例えば子どもの大学の入学金などはその時が来れば待ったなしです。
教育費の負担のピークは一般的には大学の入学時ですので、その時期に向け、できるだけ早くから積み立てを行えば月々の負担が小さくて済みます。

保険料が安い

学資保険の保険料はさまざまな条件により決定しますが、そのうちの一つが契約者(親)と被保険者(子ども)の年齢です。

  • 契約者(親)の年齢
    基本的に保険料は加入するときの年齢が低い方が安くなります。
  • 被保険者(子ども)の年齢
    同じ金額の学資金を同じ満期(例えば18歳)までに準備する場合を考えてみましょう。
    子どもの年齢が低いと満期までの期間が長くなりますので保険料は安くなります。

保障が早く開始できる

学資保険を契約すると積み立てが始まると同時に、保障が開始されます。
契約者(親)が死亡または所定の高度障害状態になったときに、以降の保険料の払込みが免除される上に、学資金の全額が受け取れます。
早く契約することで、早く保障を備えられることもメリットの一つです。

まとめると

・学資保険の加入は積み立ての面や保障の面からも、早ければ早いほどメリットが多くなります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です