学資保険の保険料を安くする方法

学資保険の選び方

学資保険の保険料を安くする方法

毎月の保険料は出来るだけ安く抑えたいもの。
ここでは、学資保険の保険料を安くする方法を紹介します。

保険,教育費,教育費シミュレーション,学資保険,保険,無料

保険金(学資金)の金額を減らす

当然、準備する学資金を減らすと保険料は安くなります。

 

契約者(親)や被保険者(子ども)の年齢が若いうちに加入する

親や子どもの年齢が低いと保険料は安くなります。

 

保険料をまとめて払う

保険料の払方は「月払い」「半年払い」「年払い」「一時払い」などから選ぶことになります。
(選択できる払方は保険会社により異なります)
保険料は
月払い>半年払い>年払い>一時(一括)払い
という順で保険料が安くなります。

 

その他

一部の保険会社では、兄弟割引制度のある商品などもあるようです。

まとめると

学資保険は、早めの加入や保険料の払方を変えるなど、様々な方法で保険料を安くすることができます。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です