【学資保険】「保険料を安く」「返戻率を高くする」賢い方法

学資保険の選び方

【学資保険】「保険料を安く」「返戻率を高くする」賢い方法

保険,教育費,教育費シミュレーション,学資保険,保険,無料

学資保険とは?

学資保険とは、子どもの学資金(教育資金)を準備するための貯蓄型の保険のことです。

毎月決まった額の保険料を払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金や満期学資金を受け取ることができます。

さらに、突然の事故などにより親(契約者)が亡くなった場合は、それ以降の保険料の払込が免除となり、保障がそのまま継続され、学資金を受け取ることができます。

 

 

学資保険の2つの機能

学資保険には2つの機能があります。

(1)貯蓄の機能

保険なので(多くは毎月)保険料を払うことにより、計画的な教育資金の積み立てができます

 

学資保険の保険料と学資金のイメージ

 

(2)保障の機能

契約者(親)に万が一の事があった時も学資金を確保できます

 

学資保険のイメージ

 

このように、学資保険は「貯蓄」と万が一の「保障」の両方の機能を兼ね備えた保険で、教育資金の積み立てを計画的かつ安全に行うために有効な手段です。

 

 

学資保険に賢く加入するための2つのポイント

学資保険は子どもの将来のための積み立てが主な目的です。

同じ学資金を受け取るのであれば、支払う保険料が安いほうがいいですよね。

もしくは、同じ保険料であれば、多くの学資金を受け取ることができる(返戻率が高い)ほうがいいですよね。

次に

(1)学資保険の保険料を安くする方法

(2)学資保険の返戻率を高くする方法

を紹介します。

 

 

(1)学資保険の保険料を安くする

①契約者(親)や被保険者(子ども)の年齢が若いうちに加入する

保険料は契約者や被保険者の年齢で決まります。

親や子どもの年齢が低いと保険料は安くなります。

 

②保険料をまとめて払う

保険料の払方は「月払い」「半年払い」「年払い」「一時払い」などから選ぶことになります。(選択できる払方は保険会社により異なります)

保険料は

月払い>半年払い>年払い>一時(一括)払い

という順で保険料が安くなります。

 

③その他

一部の保険会社では、兄弟割引制度のある学資保険などもあるようです。

 

④学資保険の保険金(学資金)の金額を減らす

当然、準備する学資金を減らすと保険料は安くなります。

ただ、これでは受け取る学資金も少なくなってしまうので、本末転倒ですね。

 

 

(2)学資保険の返戻率を上げる方法

①早く加入する

保険会社は、運用できる期間が長ければ長いほど運用益を大きくすることができます。

逆に言うと、契約者は保険料を長く預けるほうが学資金を大きくすることができます。

少しでも返戻率を上げるためには、学資保険の保険期間を長くすればよいのです。つまり、

・早く始める

・期間の終わりを延ばす

の2点です。

学資保険は入学時の大きな教育費に対する積み立てですので期間の終わりを延ばすことは簡単ではありません。

ですので「早く始める」ことが重要になります。

 

②不要な保障を削る

学資保険に様々なオプション(特約)の保障をつけることが可能です。

学資保険の保障内容の違いによって、返戻率は変わってきます。

特約にも保険料がかかりますから、たくさん保障がついていればそれだけ保険料がかかりますので、返戻率が下がります。

逆に言うと、保障を削ることで、返戻率を上げることができます。

必要な保障をしっかり吟味して加入しましょう。

 

③保険料をまとめて支払う

これは(1)保険料を安くす ②保険料をまとめて払う で紹介した方法と同じなのですが、

保険料の払方は

「月払い」「半年払い」「年払い」

「一時払い/全期前納(保険料を全額まとめて支払う)」

「一部前納(一部をまとめて支払う)」

などから選ぶことになります。(選択できる払方は保険会社により異なります)

保険料をまとめて払えば、保険料が安くなるので返戻率が上がります。

満期保険金の受取額は変わらないですが、割引が適用されて支払保険料総額が少なくなるので返戻率が上がります。

まとめ払いによる割引も魅力的ですが、無理のない範囲にすることが大切です。

 

④保険料を短期払いにする

保険料の払込期間を短くすることができる商品もあります。
払込期間を短くした場合、月々の保険料は上がりますが、割引により支払保険料総額は少なくなりますので、
返戻率が上がります。

まとめると

学資保険は、1歳でも若いうちに加入すれば保険料が安くなり、満期までの期間が長くなるので返戻率も高くなります。
また、保険料を月払いから年払いにするなどの方法でも保険料を安くし、返戻率を高くすることができます。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

セミナー実績:毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナー など多数

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です