学資保険に入れない場合

学資保険の選び方

学資保険に入れない場合

(最終更新日:2017年09月15日)

学資保険に入れない場合はあるのでしょうか。

契約者の健康状態

学資保険は生命保険の一種ですので、加入の際には審査があります。
審査の結果、健康上のリスクが高い人は保険に加入できない場合もあります。

保険会社によって審査の結果が異なる場合もあり、ある病気が原因でAの保険会社では加入出来ないと言われたのに、Bという保険会社では加入出来た、といったケースも実際にあります。

契約者(親)、被保険者(子ども)の年齢制限

学資保険の多くの場合で契約者(親)の年齢制限は女性が16歳から60歳、男性が18歳から60歳までと設定されています。
また被保険者(子ども)の年齢制限は0歳もしくは生まれる前から15歳まで等と定めている会社が一般的です。
※学資保険の年齢制限は保険会社または保険商品の内容によって異なります。

最近は高齢になってから子供を授かる人や、孫のために加入したいという祖父母世代も増えていますのでこういった年齢制限には注意が必要です。
年齢制限によって学資保険に加入できない場合、低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用する方法も検討するとよいでしょう。

まとめると

・健康状態が理由で学資保険の加入に懸念がある場合、複数の保険会社を検討しましょう。
・年齢制限で学資保険に加入できない場合、低解約返戻金型終身保険を学資保険代わりに活用する方法もあります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です