生命保険の保険金請求に時効はある?

(最終更新日:2019年12月18日)

「忙しくて保険金請求の手続きを忘れてしまった」「保険契約の存在を知らずにすぐに請求手続きができなかった」ということもあります。
生命保険の保険金を請求するのに、時効はあるのでしょうか。

生命保険金は請求しないと受け取れない

そもそも生命保険は、加入していれば、亡くなってしまったときに自動的に保険金が受け取れるというものではありません。
保険金は必ず請求手続きが必要になります。

 

 

生命保険金の請求権の時効は3年

生命保険の請求には時効があり、3年以内に請求手続きをする必要があります。

ただし、時効を過ぎていたとしてもまずは保険会社に問い合わせてみましょう。
例えば、亡くなった親御さん名義の生命保険で、「保険金の請求をし忘れていた」もの、「契約があったことも知らずに、荷物を整理してみたら保険証券が出てきた」といった場合があるかもしれません。
そういった場合は、3年を過ぎていても、まずは保険会社に問い合わせてみましょう。

 

 

生命保険に加入していることを家族に共有しましょう

生命保険は「財産」です。
自分自身が加入している生命保険は、保険証券の保管場所などを家族に周知し、万が一の場合には家族がきちんと保険金を請求できるように、加入中の保険の内容や問い合わせ先などを整理しておきましょう。
もしくは「ここに電話すれば大丈夫」といえるような頼りになる担当者や保険代理店に各種の保険契約をまとめて任せておく、というのも一つの方法です。

まとめると

・生命保険の請求には時効があり、3年以内に請求手続きをする必要があります。
・万が一の場合には家族がきちんと保険金を請求できるように、加入中の保険の内容や問い合わせ先などを整理して共有しておきましょう。

この記事の著者

實政 貴史プロフィール画像
實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

筑波大学卒。大手保険代理店にて生命保険・損害保険に関する相談業務を行う。2007年に株式会社F.L.Pに入社。
ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、15年以上の保険業界経験で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの記事を執筆、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口などでセミナーも行う。
併せて、保険相談サロンFLP公式サイトのプロダクトマネージャー(運営責任者)を務める。

詳しく見る

記事カテゴリ一覧