医療保険の加入率と入院の確率

医療保険に関するデータ

医療保険の加入率と入院の確率

(最終更新日:2017年09月12日)

民間の医療保険は公的な医療保険の補助的役割で入るものだと言いましたが、実際に加入している人はどのくらいいるのでしょうか。
また、病気やケガで入院する割合はどのくらいなのでしょうか。

なんらかの民間の医療保障に加入している人は74%

生命保険文化センターの平成25年度「生活保障に関する調査」によると、民間の生命保険会社や郵便局、JA(農協)、生協・全労済で取り扱っている生命保険(個人年金保険や生命共済を含む)のうち、疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率は、平成25年では74.0%でした。
言い換えると74%の人がなんらかの民間の医療保障に加入していることになります。
また、平成16年以降増加傾向にあることがわかります。

疾病入院給付金が支払われる生命保険の加入率

(出典)生命保険文化センター 平成25年度「生活保障に関する調査」

 

過去5年間の病気やケガで入院した人は15.2%

生命保険文化センターの平成25年度「生活保障に関する調査」によると、過去5年間の病気やケガで入院した人は15.2%となっています。
6.6人に一人が過去5年間の病気やケガで入院した経験があることになります。

過去5年間の病気やケガで入院した人の割合

(出典)生命保険文化センター 平成25年度「生活保障に関する調査」

 

15.2%という数字が多いか少ないかはそれぞれの考えによると思いますが、いつ起こるかわからない病気やケガのリスクに対し、7割以上の人が公的な医療保障だけでなく、民間の医療保険に加入して備えていることがわかります。

まとめると

・74%の人がなんらかの民間の医療保障に加入しています。
・過去5年間の病気やケガで入院した人は15.2%です。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です