医療保険Q&A

医療保障の主契約と場合と特約の場合。メリットデメリットまとめ

(最終更新日:2019年12月18日)

医療保障を備えるには、主契約(医療保険単体)で契約する場合と特約で契約する場合、2つの方法がありますが、どちらがいいのでしょうか。
それぞれのメリットとデメリットをみていきましょう。

医療保障を主契約とする保険(医療保険)に加入する場合

メリット

医療保険単体で加入する場合、商品のバリエーションが豊富で、保障内容や保険期間の設定の自由度が高いというメリットがあります。
本当に必要な保障を選んで追加したり、削ったりすることが可能です。

 

デメリット

一方、他の死亡保険などと別の契約を結ぶことになるので、手続きや管理が煩雑になるというデメリットがあります。

 

生命保険などの主契約に「特約として」医療保障を追加する場合

メリット

特約で契約すると、保険証券が1枚で済むなど、手続きや管理が簡単になるメリットがあります。

 

デメリット

一方、保障内容のバリエーションが限られるうえ、主契約を解約すると、特約の保障も消滅するなど、デメリットもあります。 必要性を感じてオプションの保障を付けたとしても契約満了時や、やむを得ず途中解約する場合その保障が消滅してしまうことを理解しておくことが大切です。

 

基本的には主契約としての加入がおすすめ

多少手続きや管理が煩雑になりますが、保障内容の選択、保障継続や解約の自由度を考えると基本的には主契約としての加入がよいでしょう。

まとめると

・医療保障を備えるには、主契約(医療保険単体)で契約する場合と特約で契約する場合、2つの方法があります。
・保障内容の選択、保障継続や解約の自由度を考えると基本的には主契約としての加入がよいでしょう。

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 30社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 30社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です