医療保険を自営業者が選ぶ際のポイントを紹介します。

医療保険Q&A

医療保険を自営業者が選ぶ際のポイントを紹介します。

自営業の場合、医療保険に加入しようとする時、給与所得者と同じように考えていいのでしょうか。

自営業者と給与所得者では保障は違う

給与所得者には、病気やケガ(業務外)で働くことができなくなり、給料がもらえなくなったり、減ってしまったりした場合には、健康保険の傷病手当金などがあります。その為、病気やケガで治療をする為に会社を休んでも、いきなり収入が0になることはまずありません。

 

しかし、自営業者にはそのような生活を支えてくれる制度がなく、仕事を休めばすぐに収入の減少につながります。
その為、自営業の場合には病気・ケガで入院や手術をした時の費用に備えるだけではなく、仕事を休むことによる収入減にも備えなければならないのです。

 

自営業者の収入減に対する備え

自営業の場合には病気・ケガで入院や手術をした時の収入減に対する備えとして下記の方法で備えることができます。

•医療保険を手厚くする
•所得補償保険に加入する
•別途休業時に備え貯蓄をする

 

自営業者は給与所得者よりも病気・ケガによって仕事ができなくなった時のリスクが大きいので、医療保険などの保障を適切に確保し、安心して仕事ができる環境を確保しておきましょう。

まとめると

・自営業の場合、仕事を休めばすぐに収入の減少につながるため、病気・ケガで入院や手術をした時の費用に備えるだけではなく、仕事を休むことによる収入減にも備える必要があります。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です