がん保険とは

がん保険の基本

がん保険とは

(最終更新日:2017年09月08日)

がんに備えるがん保険。がん保険はどのような保険なのでしょうか。

がん保険の保障内容

がん保険の基本的な保障内容は、「がん診断給付金」「がん入院給付金」「がん手術給付金」です。
この3つの保障にオプションというかたちで各種の特約を付加することができます。

 

がん診断給付金

がんと診断確定された場合に一時金として受け取ることができる給付金です。
一般的にがん入院給付金日額の50倍や100倍などと設定されています。
保険商品によって、がん診断給付金が1回だけしか受け取ることのできないものと、複数回受け取ることが可能なものがあります。

 

がん入院給付金

がんの治療を直接の目的として入院した場合に受け取ることができる給付金です。
1日当たり10,000円など、「契約で定めた入院日額×入院日数」の金額を受け取ることが可能です。
支払いの日数や回数に制限がないというものがほとんどです。

 

がん手術給付金

がんで所定の手術を受けた場合に受け取ることができる給付金です。
一般的にがん入院給付金日額の10倍・20倍・40倍といった形で設定されています。

 

各種特約

上記の保障以外にも特約というかたちで次のような保障を付加することができます。

• 先進医療特約
厚生労働省の定める先進医療を受けた場合に給付金を受け取ることができる特約です。

• がん通院特約
がんの治療を目的とする所定の通院をした場合に給付金を受け取ることができる特約です。
近年通院による治療が増加傾向にありますので、重要な特約です。

• がん死亡特約
がんで死亡した場合に給付金を受け取ることができる特約です。保険商品により、死因をがんに限定しないものもあります。

 

ほかにも、がんで一定期間入院した後、退院した場合に支払われるがん退院給付金や、在宅療養をする場合に受け取ることができるがん在宅療養給付金など、保険商品によってさまざまな保障があります。

まとめると

・がん保険には、「がん診断給付金」「がん入院給付金」「がん手術給付金」の3つの基本保障があります。
・オプションというかたちで先進医療特約や通院特約など、各種の特約を付加することができます。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です