がん保険の保障 入院給付金

がん保険の基本

がん保険の保障 入院給付金

(最終更新日:2017年09月08日)

がん保険の基本的な保障である、入院給付金について詳しくみていきましょう。

がん入院給付金

がん保険の「がん入院給付金」とは、がん(悪性新生物)の治療を目的として入院をした場合に受け取れる給付金です。
良性の場合や、治療を目的としていない検査入院等は基本的に対象外となります。

 

がん入院給付金の入院日額

がんで入院すると、契約で設定した1日あたり5000円や10,000円などの給付金を受け取ることができます。
入院1日あたりの設定可能な給付金額は、各社おおよそ5000円~30,000円程度となっています。

 

がん入院給付金は入院何日目から保障される?

がん保険の入院給付金は入院1日目から保障の対象となっています。
※保障開始まで90日の免責期間(待ち期間)はあります。

 

がん入院給付金の限度日数

通常の医療保険では、1回の入院の給付上限日数として、商品ごとに60日・120日などの上限がそれぞれ設定されています。
しかし、がん保険の場合、医療保険と違って、入院保障は給付金の回数と日数に制限がありません。

 

がんの平均入院日数

厚生労働省「患者調査」によると、がんでの平均入院日数は下記のようになっています。

 

がん平均入院日数の推移 

(出典)厚生労働省 平成14年~平成23年「患者調査」

 

入院日数が短期化していることがよくわかります。だからといって入院日数無制限の保障が役に立たないわけではありません。
がんについては、再発などで入院が2回以上になる可能性もあります。
また、がん手術の場合、がんの周辺の部位を先に手術するなど、複数回の手術を行うこともあります。
ですから、入院日数に対して無制限に受け取れる入院給付金の存在は心強いといえるでしょう。

まとめると

・がん保険のがん入院給付金は、医療保険と違い、給付金の回数と日数に制限がありません。
・がんの場合、転移や再発、複数回の手術など、複数回の入院の可能性がありますので、入院日数が無制限に保障されるがん保険の入院給付金は心強いといえるでしょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です