がん保険の保障 通院給付金

がん保険の基本

がん保険の保障 通院給付金

(最終更新日:2017年09月08日)

がん保険の保障である、通院給付金について詳しくみていきましょう。

がんは通院治療の割合が増えている

がんの治療と聞くと、入院や手術をイメージすると思いますが、最近では、入院せずに通院しながら治療するというケースもあります。
患者自身の生活を大きく変えずに、通院しながら治療を行うというスタイルは、「外来化学療法」と言われ、国立がん研究センターでも積極的に行われているそうです。

 

厚生労働省 の「患者調査」によると、がん患者に占める外来患者の割合は下記の通りです。

 

がん患者に占める外来患者の割合 

(出典)厚生労働省 平成23年「患者調査」

 

医療技術の進歩により、年々外来(通院)の割合が増えていることがわかります。
例えば、通院による抗がん剤治療は、疾患別では、大腸がん、胃がん、乳がん、膵がん、悪性リンパ腫などで多く利用されています。

 

がん通院給付金

がん通院給付金とは、がんの治療を目的とする所定の通院をした場合に給付金を受け取ることができる給付金です。
あらかじめ設定された通院1日当たりの給付金額(1万円など)が通院日数分受け取れます。

 

がん通院給付金の対象となる通院

がん通院給付金の対象となる通院には、例えば下記のような条件があります。
• 「がん」「上皮内新生物」の治療を目的とした、手術、放射線治療、抗がん剤治療のための通院に限る
• 入院後の通院に限る

 

商品によって条件が異なりますが、通院給付金と聞くと、通院したら受け取れると勘違いしがちなので、通院給付金の条件は事前に確認することが非常に重要です。

 

がん通院給付金の給付限度日数

がん通院給付金を受け取れる通院日数には、例えば下記のような条件があります。
• 支払日数は無制限
• 退院後365日以内であれば無制限
• 退院後180日以内であれば、1回の入院の通院につき30日

 

商品によって条件が異なりますが、抗がん剤の治療など、通院が数年間続くケースもありますので、こちらも事前に確認することが非常に重要です。

 

通院給付金については、入院を伴わない通院でも保障されるタイプや、給付対象となる通院日数の上限が長めのタイプを選ぶほうが安心でしょう。

まとめると

・医療技術の進歩により、がんは通院治療の割合が増えています。
・がん通院給付金の対象となる通院の条件や、給付限度日数など、様々な条件を事前に確認しましょう。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です