保険はなぜ必要か

保険のきほん

保険はなぜ必要か

(最終更新日:2017年10月27日)

生命保険の加入率は9割と言われています。
生命保険の本来の目的は、経済的なリスクに対する保障です。
貯蓄だけでは足りない事も考えられ、急に資金が必要になった時に保険が役に立ちます。
では、具体的に経済的なリスクとは何かみていきましょう。

生活の中にある経済的なリスク

・万一があった場合
・病気、ケガにかかってしまった場合
・老後
上記のようなリスクが考えられると思います。

万一があった場合は、残された家族などがこれから生活していくうえで、十分な備えがなければいけません。
一家の働き手に万一があった場合は収入と支出のバランスがたちまち崩れてしまいます。
また、食生活の乱れで生活習慣病が多くなってきています。
病気にかかってしまう確率も決して低くはありません。
もし、入院することになると入院費だけではなく、日用品などの雑費、
個室になると差額ベッド代なども考慮しておかなければなりません。
そして、平均余命が伸びてきており、老後の生活期間も長くなっています。
何もなく年をとった場合でもゆとりある老後生活資金の備えがなければいけません。

まとめ

経済的リスクは誰にでも起こりうる事です。
貯蓄が十分にある人や社会保障で対応できる方には必要ないかもしれませんが、そのような方は多くはないと思います。
また、社会保障で不足する部分を民間の保険でカバーし、しっかりと生活できる備えを持っていると安心に繋がるのではないでしょうか。
ライフプランや人の考え方によって保険は違ってきます。
貯蓄とのバランスを考えて加入するといいかもしれません。

 

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です