掛け捨て型と積立型

保険のきほん

掛け捨て型と積立型

(最終更新日:2017年10月27日)

保険には掛け捨て型と積立型があります。同じ保障額でも保険料や貯蓄性が違います。
2つの違いをよく理解して保険選びをしましょう。

掛け捨て型とは

解約してもお金が戻らない保険、もしくは途中で解約した時には僅かなお金が戻ってくるが満了時にはゼロになってしまう保険です。
その反面、毎月の保険料が割安になります。保障を重視した生命保険になっています。

積立型とは

解約するとある程度のお金が戻ってくる保険です。
保障を得ると同時に貯蓄を重視している生命保険になっています。
掛け捨て保険よりも積立部分があるため、同じ保障額の場合、保険料が高額になります。
子育て世代などで高額の保障が必要な場合は、かなりの保険料になる可能性があります。

掛け捨て型と積み立て型のメリット・デメリット

メリット デメリット
掛け捨て型 ・月々の保険料が安い
・大きな保障を安い保険料で得られる
・お金は貯まらない
積立型 ・長期的にお金を積み立てできる
・意識せずにお金が貯まりやすい
・保険料が高い

目的によって使い分けるといい

長期間かけて自然にお金を貯めたいという目的の場合は積立型、
安い保険料で必要な保障を確保するには掛け捨て型を選ぶといいのではないでしょうか。
両方の商品を組み合わせるのも保険選びのポイントになります。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 20社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です