掛け捨て型の生命保険と貯蓄型の生命保険、どっちがお得?

保険の疑問

掛け捨て型の生命保険と貯蓄型の生命保険、どっちがお得?

(最終更新日:2019年03月01日)

掛け捨ての保険と貯蓄型の保険、どちらにもメリット、デメリットがあります。
掛け捨ての保険と貯蓄型の保険の特徴を見ていきましょう。

掛け捨ての生命保険の特徴

掛け捨ての保険のメリットは安い保険料で大きな保障を得ることができることです。
デメリットは、万が一のことが起こらなかった場合に戻ってくるお金がわずかか、全くないことです。
子どもが育ちあがるまでに親に万が一のことがあった場合、残された遺族には多額の生活資金が必要になります。
そんな時、家計に負担も少なく大きな保障を得ることができますので、掛け捨ての保険は家族を守るためには大きな安心となります。

 

 

貯蓄型の生命保険の特徴

貯蓄型の保険のメリットは、保険種類、期間によって金額は違いますが、解約返戻金があることです。
保険を使わなかった場合にも、解約すればある程度返ってきます。
デメリットは掛け捨ての保険に比べ保険料が高額になることです。
月々の保険料があまりにも高額になると、保険自体が日々の生活を圧迫してしまうことがありますので注意が必要です。

 

 

ライフプランにあった保険を

保険を決断する時に、どちらが損か得か考える前に、まずは家族を守るためにどれだけの保障が必要か、 またどのくらいの保険料を払っていけるのかをしっかりと考えた上でその中で、できる範囲で貯蓄型を組み込んでいく事が大切です。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です