無選択型終身保険とは?一般の終身保険との違いも解説!

様々な保険(生命保険)

無選択型終身保険とは?一般の終身保険との違いも解説!

(最終更新日:2019年02月28日)

健康状態の告知の必要がない無選択型終身保険の特徴をみていきましょう。

無選択型終身保険

無選択型終身保険は、健康状態の告知の必要がない終身保険です。
「過去に病気になってしまった」など健康上の理由で
一般の終身保険に加入できなかった人でも加入することができます。

 

 

一般の終身保険との違い

①契約後一定期間内の死亡の場合の保険金

一定期間内(契約後2年間など)に疾病により死亡した場合は、
死亡保険金額ではなく払い込んだ保険料相当額が支払われるという特徴があります。
災害死亡(ケガによる死亡)の場合には、死亡保険金が支払われます。

 

②保障の限度額がある

設定できる死亡保障の限度額が300万円までなど比較的低額なことがあります。

 

③保険料は割高

健康状態の告知の必要がない分、一般の「終身保険」と比べると保険料が割高になります。
長期契約となった場合に払い込む保険料の総額が死亡保険金額を上回ることがあります。

 

 

無選択型終身保険のポイント

・保障が一生涯
・加入しやすい分、保険料は割高

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です