無選択型終身保険はどんな保険?メリット・デメリットを解説!

様々な保険(生命保険)

無選択型終身保険はどんな保険?メリット・デメリットを解説!

健康状態の告知の必要がない無選択型終身保険の特徴をみていきましょう。

無選択型終身保険とは

無選択型終身保険は、健康状態の告知の必要がない終身保険です。

「過去に病気になってしまった」など健康上の理由で一般の終身保険に加入できなかった人でも加入することができます。

 

 

 

無選択型終身保険の保険料は割高

無選択型終身保険は、告知項目を限定し、引受基準を緩和しています。

このため、保険料は一般の終身保険や緩和型終身保険に比べて割高になります。

 

 

 

無選択型終身保険の保険期間

無選択型終身保険の保障は、被保険者が生存していて保険を解約しない限り、一生涯続きます。

 

 

 

無選択型終身保険は貯蓄性がある

無選択型終身保険は貯蓄性があります。解約すると、解約返戻金が戻ってくる積立型の保険です。

ただ、一般の終身保険や緩和型終身保険に比べて、解約返戻率は低い傾向にあります。

※解約返戻金の金額は契約時期や契約内容等によって異なります。

 

 

 

無選択型終身保険と一般の終身保険との違い

契約後一定期間内の死亡の場合の保険金

無選択型終身保険の場合、一定期間内(契約後2年間など)に疾病により死亡した場合は、死亡保険金額ではなく払い込んだ保険料相当額が支払われるという特徴があります。

災害死亡(ケガによる死亡)の場合には、死亡保険金が支払われます。

 

無選択型終身保険には死亡保障の限度額がある

無選択型終身保険の場合、設定できる死亡保障の限度額が300万円までなど比較的低額なことがあります。

 

払い込む保険料の総額が死亡保険金額を上回ることも

無選択型終身保険は、健康状態の告知の必要がない分、一般の「終身保険」や「緩和型終身保険」と比べると保険料が割高になります。

特に、長期の契約となった場合には、払い込む保険料の総額が死亡保険金額を上回ることがあります。

 

 

 

無選択型終身保険のメリット

健康状態に関わらず加入できる

無選択型終身保険は、健康上の理由で一般の終身保険に加入できなかった人でも加入することができます。

 

保険金が必ず受け取れる

無選択型終身保険の場合、解約しない限り、保険金をいつか必ず受け取れるというメリットがあります。

定期保険や収入保障保険の場合は保険期間中に支払事由(死亡・高度障害)にならなければ保険金を受け取ることができません。

また、掛け捨てなので払い込んだ保険料は戻ってきません。

 

保険料が上がらない

無選択型終身保険は保険料が上がりません。

一方、定期保険は更新の際、保障内容を変えないで更新すると保険料が上がります。

 

 

 

無選択型終身保険のデメリット

通常の終身保険に比べ、保険料が高い

無選択型終身保険は、持病や過去に病気をしたことのある人でも加入しやすい分、通常の終身保険や緩和型終身保険よりも保険料が高くなります。

 

定期保険に比べ、保険料が高い

無選択型終身保険は、保険期間が一生涯で、貯蓄性もあるため、定期保険に比べると保険料が高くなります。

数千万円など大きな保障を準備するのには不向きです。

 

早期解約の場合「元本割れ」になってしまう

無選択型終身保険は、早期解約の場合、元本割れを起こすリスクがあります。

具体的には、払込期間満了前の解約の場合、解約払戻金の返戻率が低いので、基本的には解約返戻金額は支払保険料総額を下回ってしまいます。

 

 

 

無選択型終身保険のポイント

・保障が一生涯

・加入しやすい分、保険料は割高

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLPサイトの専属ライターとして、本サイトの1500本以上の記事を執筆。

併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにてファイナンシャルプランナーとして様々な保険情報の解説も行っている。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です