がん保険とは?どのような保障があるの?

(最終更新日:2019年12月18日)

がんの治療に掛かる経済的負担を軽減するためのがん保険。がん保険の保障の特徴、付帯サービスなどをみていきましょう。

がん保険

がんの治療に掛かる経済的負担を軽減するための保険です。
「診断一時金+がん入院給付金+がん手術給付金」が基本です。

 

 

がん保険の保障

がん診断給付金

がんと診断確定されると〇〇万円といった一時金が受け取れます。

がん入院給付金

がんの治療を目的として入院したとき入院日数に応じた給付金が受け取れます。
医療保険と違い、入院日数は無制限というのが一般的です。

がん手術給付金

がんの治療を目的とした手術をしたときに給付金が受け取れます。

 

 

その他の保障

その他、保険商品によって
・通院保障
・放射線治療や抗がん剤治療を受けた時の保障
・先進医療を受けた時の保障
があるものもあります。

 

 

付帯サービス

専門医に相談できたり、専門医を紹介してもらえるサービスを付帯した商品もあります。

 

 

がん保険のポイント

・「診断一時金+がん入院給付金+がん手術給付金」が基本
・保険商品によってさまざまな保障や付帯サービスがある

記事カテゴリ一覧

この記事の著者

實政 貴史
ファイナンシャルプランナー

2007年に株式会社F.L.Pに入社。ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識を活かし、保険相談サロンFLPサイトの1500本以上の記事を執筆。併せて、保険相談サロンFLP YouTubeチャンネルにて様々な保険情報の解説、毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口オンラインセミナーなどでセミナーも行う。