年々進化しているがん治療。治療法別に解説します。

医療保険の基本

年々進化しているがん治療。治療法別に解説します。

不治の病とされてきた「がん」も今や治療により改善できる直前まで迫ってきています。
従来がんの治療は「手術療法」「化学(薬物)療法」「放射線療法」で行われてきました。
しかし、いずれの治療も患者の体に大きな負担をかけることになり生活の質を大きく低下させてしまうものでした。
今は、体に負担をかけることなく、がんをたたく最新治療法が次々と研究開発されています。

最新のがん治療方法

「重粒子線治療」や「陽子線治療」

がんにピンポイントで照射し、正常な細胞へダメージを与えることなく治療ができます。

 

ホウ素中性子捕捉療法

身体の中にホウ素を注入し、がん細胞を集めさせます。
そこに中性子を照射して、がん細胞を細胞レベルで破壊していきます。

 

他にも

自己免疫力を活性化させ、がんを殺傷する免疫療法

患者の遺伝子を調べ、もっとも効果がある薬を組み合わせ投与するオーダーメイド治療

などが挙げられます。
上記の治療を、従来の治療と併用して治療することで、より成果を上げているようです。
がんには、がんの種類により転移しやすい場所があります。
胃がんや大腸がんは肝臓に、肺がんは脳へ、乳がんは骨への転移です。
がんは早期発見、早期治療すれば、5年生存率が85%まで高まっています。

早期発見のための最新技術

蛍光ブローブ

がん細胞を光らせる液体でガン特有の酵素に反応すると光を発します。
このブローブを内視鏡の検診時に使う事で1ミリレベルのがんまで発見することが出来ると
期待されています。

現在のがん治療は日々進化をしています。
加入している保険は進化している治療方法などに対応出来る保険になっているでしょうか。
一度、見直してみるのもいいと思います。

この記事の著者

ファイナンシャルプランナー

広島県出身。筑波大学卒業。

大手レストランチェーンにて、新規業態の立上げに携わる。その後、保険代理店に転職し保険コンサルティング業務を行う。

2007年に株式会社F.L.Pに入社し、現在「保険相談サロンFLP」公式サイトのプロダクトマネージャーを務める。

ファイナンシャルプランナーの資格を持ち、保険業界経験13年で得た知識と保険コンサルティングの経験を活かし、保険相談サロンFLP公式サイトの専属ライターとして、本サイトの700本以上の記事を執筆。

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

生命保険/損害保険の相談はぜひ店舗へ

  • 何度でも相談無料!
  • 25社以上の保険を比較できます
  • 相続の相談も可能です